読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせマイルの達人

「マイル修行って何?」ステータス会員・上級会員の目指し方、最近の飛行機旅事情について。



〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


マイル修行とは

【スポンサーリンク】

本サイトのテーマとなる「マイル修行」の定義についてご紹介します。

 

 

マイル修行とは

マイル修行とは
簡単に言えば「マイル」を稼ぐ事です。

 

このサイトでは、航空会社のステータス会員・上級会員になるための搭乗実績を稼ぐ事を目的にしています。

 

ショッピング・マイルではステータス会員・上級会員になれない

マイルといえば、
飛行機に乗らずにマイルを貯めること、たとえば、ショッピングなどでマイルを貯める、いわゆる陸マイル(おかまいる)というのがあります。

映画「マイレージ・マイライフ」で、飛行機での搭乗マイル以外に、ショッピングなどでのマイルも積算されて、主人公が途中でステータスUPのような描写があります。

 

 

現在のところ、
そういうショッピングのような、飛行機に乗らずにマイルを一定数以上貯めても、航空会社のステータス会員・上級会員にはなれません。(少なくともJALやANAなどの国内航空会社ではできなくなっています。)

 

ステータス判定のためのマイルは、そういうショッピングでたまるマイルとは別になっています。これは、のちほどご紹介します。

 

ちなみに、一部の海外航空会社では、特典航空券に交換する際にマイルが足りない場合、その足りないマイルを購入できる仕組みが始まっていたりします。

 

ステータス判定のためのマイルは、「マイル」とは違う呼び方があります。

 

航空会社ごとで、その呼び方は違るものの、こういう目的行為の一般的な総称として「マイル修行」に落ち着いています。

 

なぜ修行か

なぜ、これが修行なのか。

 

相当の時間やお金を投じて、飛行機の搭乗実績を狙うからです。あたかも、それが修行僧に近い、苦行に例えられる事が多いことにちなみます。

 

wikipediaでも、このように紹介されています。

マイル修行(マイルしゅぎょう)とは、航空会社の運営するマイレージサービスに沿って多頻度客へ提供される特典を目的とした、有償航空券による旅行の俗称。そのような旅行者は短期間に多回数飛行機に乗り続ける上、体力と時間と貯蓄を消耗するなど心身の苦痛も伴うため、僧侶の修行に例えられ、マイル修行僧と呼ばれる

https://ja.wikipedia.org/wiki/マイル修行

 

しかし、
自分で実際やってみて、果たして、これが苦行と呼べるかのどうかは、

「?」

です。

 

ほとんど趣味ですから、

嫌なら辞めればいいという世界です。

 

長時間の移動がツライと感じる事も、たまにありますが、ほとんどは楽しんでやっています。

 

しかし、
航空会社のステータス会員・上級会員になった今、過去の旅行などを振り返ると、知らなくて損をしていたな、ということが多いです。

 

もっと早く気づけばよかったというのは、世の常なのかもしれません。



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.

[関連サイト]
落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記