めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


上級会員・ステータス会員になるメリット

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



このサイトのテーマの一つである「上級会員・ステータス会員」になると、何があるのでしょうか?

 

飛行機から見る青い海

 

航空会社では、得意顧客向けの優遇サービスを用意していて、簡単に言えば、遠距離を飛ぶ人や、たくさん乗る人に対しては、航空会社サービスが厚いということになります。

そのサービスをうけられる人が、上級会員・ステータス会員です。

 

では、上級会員・ステータス会員になると、どのようなサービス・待遇になるのでしょうか?

 

上級会員・ステータス会員向けの待遇

たとえば、日本航空・JALの上級会員・ステータス会員の最上位「ダイヤモンド会員」になると、以下のような待遇が用意されています。

 

日本航空・JALの「ダイヤモンド会員」の待遇内容(2016年3月時点の内容)

予約時の優遇

  • 予約時の優先キャンセル待ち
  • 国内線前方座席指定サービス
  • 国内線先行予約サービス

搭乗時の優遇

  • 専用カウンターでのチェックイン
  • 受託手荷物無料許容量の優待
  • JALファーストクラスラウンジの利用
  • プライオリティバッゲージサービス

ボーナスマイルの優遇

  • 130%

その他の優遇

  • マイル有効期限の廃止
  • サービスセレクション

 

各項目の字面だけみても、

「なにこれ?」

「これが手厚いサービス?」

という内容があると思います。ここでは細かく内容は紹介しません。

私自身、最初はよくわかりませんでしたが、上級会員・ステータス会員になって、実際にその待遇を受け、使いこなせるようになると、そのありがたみがわかるようになりました。おそらく、使ってみて、わかるものだと思います。

なお、上級会員・ステータス会員の待遇の内容は、航空会社によって異なります。

 

意外と多い「旅のストレス」

私が、上級会員・ステータス会員になろうと思ったのは、ここ2-3年、飛行機を使った旅行を年に何回か行っていて、案外「待ち時間」がバカにならないな、と感じるようになりました。

搭乗までの待ち時間はカード会社のラウンジが使えるのはいいとして、ハイシーズン、いわゆる旅行シーズンをはずした旅行にも関わらず、

  • チェックイン・荷物預けのカウンターが長蛇の列
  • 保安検査が長蛇の列
  • 降機後に手荷物がなかなか出てこない
  • 預ける荷物の重さがギリギリ

という経験が何度かあります。

空港にもよりますが、上3項目だけで、毎回の登場で30分〜1時間ぐらいかかっていたのではないでしょうか。荷物をあえて、機内持ち込みする人の心情がわかります。

そうした不満・ストレスが、上級会員になることで解消されるのではないないかと思いました。

 

マイル修行を始めるきっかけ

もともとJALカードのゴールドだったので、年会費もそれなりに払っていました。JALゴールドカードにも、「優先チェックイン」「ボーナスマイル」などの特典があるのですが、今から思えば、たいした待遇ではなかったんだな、と感じます。

同じような額の年会費を払うのならば、日本航空・JALの上級会員・ステータス会員のサファイアとなり、それによりJALグローバルクラブ入会資格を得て、サファイア資格を永久で持っていた方がいいのではないかと、思い始めました。

それが、マイル修行を始めるきっかけでした。

 

本当の「旅」へ

上級会員・ステータス会員になり、飛行機を使うと、当初感じていた「旅のストレス」は、かなり軽減されました。むしろ、空港や飛行機内の居心地がよいと感じるようになります。

上級会員・ステータス会員になるまでは、待遇はほとんどなく、「修行」という名に近い状態ですが、それを終えると、本当の「旅」になります。

ある意味で、この世の苦から、悟りで解脱することに近いかもしれません。



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.