めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


「搭乗回数派」でマイル修行を行う場合

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



搭乗回数で、日本航空・JALの上級会員・ステータス会員「サファイア(搭乗回数:50回)」になるために必要な日数・費用などを紹介します。

修行時は1日に何回もお見送りされます
「搭乗回数派」でマイル修行を行う場合

 

上級会員・ステータス会員になるためのマイル修行には、搭乗の「回数派」と「距離派」の2種類があります。ここでは「回数派」について紹介いたします。なお、どの修行方法も、実際に飛行機に搭乗する必要があり、ショッピングマイルなどでマイルを貯めても、達成条件にはなりません。

 

「搭乗回数派」のマイル修行とは

「搭乗回数派」は、その文字の通り、飛行機に乗った回数で、日本航空・JALの「サファイア」ステータスになるのであれば、50回乗る必要があります。

 

www.flight-mile.info

 

 

「搭乗回数派」の実施方法

この「搭乗回数派」は、ロジックが単純です。

飛行機に何回乗ったか、

だけしかありません。

「距離派」のような、複雑な計算はありません。

注意:実際には、日本航空・JALの場合、ステータス達成には、一定の「搭乗距離ポイント」が必要となりますが、ここでは省略しています。

 

日本一周のマイル修行もOK

目的地は、東京・札幌・大阪・福岡・沖縄、など、どこでも大丈夫です。

東京 → 札幌 → 福岡 → 沖縄 → 大阪 → 東京

というような日本一周の旅程を組むこともできます。

 

あるいは、短時間で、安く済ませたいのであれば、沖縄の離島間の短距離区間がオススメです。とくに、沖縄 - 石垣 間は、5,000円前後で搭乗することができ、1日何便もあり、乗っている時間は約1時間です。

 

「奄美諸島のアイランドホッピング 2日間」というコースも可能

また、「JMB旬感旅行 小型プロペラ機で奄美諸島のアイランドホッピング 2日」という内容のツアーが、JALツアーでたまに設定されたりします。

あるときの内容は、2日間で16回も飛行機に乗るという内容で、こんな感じでした。

  奄美諸島のアイランドホッピング 2日間
※ 後ろの「m」は積算マイル数
1日目 羽田空港(06:30~09:00発)
⇒ 鹿児島空港 301m
⇒ 奄美大島空港 121m
⇒ 喜界島空港 8m
⇒ 奄美大島空港 8m
⇒ 徳之島空港 33m
⇒ 奄美大島空港 33m
⇒ 鹿児島空港 121m
2日目 鹿児島空港(08:15発)
⇒ 喜界島空港 123m
⇒ 奄美大島空港 8m
⇒ 沖永良部空港 46m
⇒ 与論空港 17m
⇒ 奄美大島空港 63m
⇒ 喜界島空港 8m
⇒ 奄美大島空港 8m
⇒ 福岡空港 180m
⇒ 羽田空港(20:30~23:00着)285m

 

このツアーの紹介サイトには、ただし書きで

「本ツアーは通常観光ツアーと異なり、各島で観光する時間を設けておりません。」

とあり、まさに飛行機好き、というか、今回のような「マイル修行」の人のためのツアーとも言えます。

 

費用計算:30万円〜で実現

わたしが、「マイル修行」を始めようとしていたころ、土曜日・日曜日の2日間を飛び回る、という条件で、この「搭乗回数」を行った場合の費用などを計算していたことがあります。

その結果を持ってくると、

必要日数:12日間
搭乗回数:50回
費用:320,140円
平均搭乗費用: 6,402円/回
*2014年7月時点の内容、費用は宿泊費用も含む

 

「なるべく安くするには」という制約条件のなかで、東京から沖縄に飛び、沖縄-石垣間を1日8回飛ぶという内容で試算した内容です。

なお、これは2014年7月時点で計算した数値です。その後の諸制度、割引運賃などで変更している可能性があります。

 

「搭乗回数派」のメリット

この修行方法のメリットは、なんといっても

お手軽さ

です。

 

飛行機に何回乗ったか、という単純なロジック。
必要日数は12日間で、毎週土日で飛べば、最短1ヶ月半で終了となります。

 

国外に出なくとも実施することができ、国内線だけで完結することもできます。また、一日単位で予定が組めるので、週末の土曜日だけ実施とか、調整がしやすいと言えます。

 コストも、安い割引運賃を狙っていけば、一回の搭乗コストを1万円未満ということも可能で、かなり抑えることができます。

 

そういう意味で、かなりお手軽な方法が、この「搭乗回数派」とも言えます。

 

「搭乗回数派」のデメリット

ここまで読んでいただいて、想像力がある程度ある方ならわかるかもしれませんが、

搭乗回数50回、一日に飛行機8回乗り、それを約6日間くり返す、

というのは、簡単のように見えて、意外にハードです。

飛行機に乗っているだけなので、やっていることは簡単なのですが、飛行機などの乗り物好きでないと、ツラいかもしれません。

 

マイルがあまり貯まらない

通常、飛行機に搭乗すると、区間マイルが積算されます。
それを貯めて、特典航空券や、アップグレード航空券に変えることができるわけです。

 

しかし、この「搭乗回数派」で50回搭乗して、たくさん乗ったわりには、そんなにマイルが貯っていないのです。

飛行時間が短い
 ↓
区間マイルが少ない
 ↓
その上、割引運賃で搭乗するので、積算率も悪い
 ↓
貯まるマイルが少ない

 

これは自明の理で、短時間で安くというお手軽な分、マイルが少なくなるわけです。

 

貯まるマイルを増やしたいのであれば、あえて、区間マイルの長い、東京-沖縄や福岡-札幌の往復を繰り返すということも可能です。

しかし、その分、搭乗時間が長くなり、運賃も上がり、上のような平均搭乗費用: 6,402円/回をはるかに超える金額となると思います。

 

とはいえ、うまく組み立てれば、上級会員・ステータス会員の資格を、効率的に取得できます。それ以上を望まなければ、この「搭乗回数派」がいいでしょう。

 

注意点

現在のところ、搭乗実績にするためには、お金を払って搭乗する必要があります。つまり有償搭乗のみがカウントされます。貯めたマイルで乗る、いわゆる「特典航空券」に変えて搭乗すると、それはステータス条件の搭乗回数にはカウントされません。

 

参考:搭乗回数の費用や期間を試算

2014年7月時点で計算した内容です。 

「搭乗回数派」試算| Kota MISHIMA note blog

#jal #マイル修行 #travel

2016-04

 

 



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.