読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせマイルの達人

「マイル修行って何?」ステータス会員・上級会員の目指し方、最近の飛行機旅事情について。



〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


航空券を予約する

【スポンサーリンク】

ここまで「マイル修行」の基本を押さえたところで、いよいよ実践編です。

まずは、航空券を予約・購入します。

航空券を予約する

 

「回数派」の場合の航空券

「搭乗回数」で、上級会員・ステータス会員を目指すのであれば、とにかく搭乗回数を稼ぎ、一定回数以上を達成すれば、めでたく上級会員・ステータス会員となります。

 

日本航空・JALや全日空・ANAであれば、搭乗実績のための搭乗回数は、国内線・国際線関係なく、また、航空券の種別や、予約・購入方法はなんでもよく、旅行会社のツアーでも大丈夫です。

短距離区間を1日何便も往復して短期間で達成するのでも、あるいは1ヶ月4−5回飛行機を使う旅行・出張をしながら1年で達成というのもありです。ご自身のペースで行うといいでしょう。

注意すべき点は、前にもお伝えしたように、必ず有償(お金を払って)で搭乗してください。

 

 

 

「距離派」の場合の航空券

「回数派」と違い、「距離派」の場合は、少し複雑になります。また「国際線」を利用することになり、さらにオオゴトとなります。

国際線の航空券を個人で手配というのは、今まで、旅行会社のツアーの海外旅行がメインだった場合、ちょっとハードルが高いかもしれません。しかし、慣れてしまえば、あまり難しいことはありません。

 

いろいろある割引航空券

国際線の運賃には、搭乗クラス・割引タイプなどで幾つかの種類があります。

日本航空・JALを例にとれば、現在以下のような運賃があります。

 

ファーストクラス
・JALファーストクラス普通運賃

 

ビジネスクラス
・JALビジネスクラス普通運賃
・JALビジネスセイバー

 

プレミアムエコノミークラス
・JALプレミアムエコノミークラス普通運賃
・JALエコノミーセイバー プレミアム
・ダイナミックセイバー プレミアム

 

エコノミークラス
・JALエコノミークラス普通運賃
・JALエコノミーセイバー
・ダイナミックセイバー

 

「ファーストクラス」でマイル修行

金銭に余裕があるならば、「ファーストクラス」や「ビジネスクラス」を利用したいところです。

ちなみに、「ファーストクラス」や「ビジネスクラス」の正規運賃は以下の通りです。

ファーストクラス:140万円
ビジネスクラス:77万円
*2016年4月時点、日本-オーストラリア間の往復運賃。上記に別途税金等がかかります。

・・・ 

・・・・・・ 

・・・・・・・・・ 

なかなか、難しい値段です。

なお、この場合、「マイル修行」をしなくとも、最初からラウンジ利用や優先搭乗などが適用されますので、そもそも「マイル修行」をする必要もないです。

 

「エコノミークラス」でマイル修行

多くの「マイル修行」においては、あまり背伸びしないで、「エコノミークラス」を使うことになります。

 

「35万円」。。。けっこう高い「エコノミークラス」の運賃

しかし、「エコノミークラス」の運賃も、 

JALエコノミークラス普通運賃:35万円
*2016年4月時点、日本-オーストラリア間の往復運賃。上記に別途税金等がかかります。

 「エコノミークラス」といえども、定価は、けっこうな金額です。

 

割引運賃を使えば「6万円」

実は、航空券には、いくつかの割引運賃が設定されています。

 そのうちの「ダイナミックセイバー」を見てみると、

ダイナミックセイバー:6万円〜
*2016年4月時点、日本-オーストラリア間の往復運賃。上記に別途税金等がかかります。

だいぶお手ごろ価格になってきました。 

なお、この割引運賃は、旅行会社が出している格安航空券ではなく、航空会社が販売している、正規の航空券です。

 

「ダイナミックセイバー」の割引運賃を使う

この「ダイナミックセイバー」というのは、予約状況によって変動する運賃体系で、

「時期や曜日、路線特性、マーケット状況に応じて、高額な運賃タイプAから低額な運賃タイプFまでの6段階に分かれた運賃」

 

さきほどの「6万円」というのは、低額な運賃タイプFのものです。なお、運賃タイプAの場合「13万円」となります。

リーズナブルに「マイル修行」を行うのであれば、この「ダイナミックセイバー タイプF」を使うことになります。

 

運賃の注意点

さきほど、ご紹介した運賃。

運賃は当然違うのですが、それ以外にも異なるものがあります。

 

運賃滞在可能日数マイル積算率
JALファーストクラス普通運賃 1年 150%
JALビジネスクラス普通運賃 1年 125%
JALビジネスセイバー 6カ月 125%
JALプレミアムエコノミークラス普通運賃 1年 100%
JALエコノミーセイバー プレミアム 2日~6カ月 100%
JALエコノミークラス普通運賃 1年 100%
ダイナミックセイバー 3日~4カ月 50%~70%

 

マイル修行で、気をつけたいのは、「最低滞在日数」と「マイル積算率」。

前にも紹介したように、「マイル積算率」は、上位クラス・運賃が高くなるほど、高まります。

 

もう一つ、ここにある「滞在可能日数」。
「ダイナミックセイバー」をみると「3日~4カ月」とあります。

 

割引運賃の場合「最低滞在日数」がある

この「3日~」というのがポイントです。

これは、最低3日間、現地(この場合はオーストラリア)に滞在しなくてはいけない、ということです。

つまり、「最低滞在日数」です。

なお、「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「JALエコノミークラス普通運賃」には、この「最低滞在日数」はありません。

 

現地滞在「3日間」のシバリ

値段の高い運賃の航空券を買えば、この「最低滞在日数」のシバリはなく、逆に、「ダイナミックセイバー」などの割安な運賃の場合は、シバリがある、ということです。

上の「日本-オーストラリア」の場合は「3日間」ですが、方面等により、この最低滞在日数は異なります。 

この「最低滞在日数」が、「距離派」のマイル修行を難しくしている原因の一つとも言えます。まとまった、連続した日数が必要ということになります。

平日に勤務している人であれば、週末の土日だけで、このマイル修行を行うというわけにもいかず、金+土日、土日+月ということになります。

 

次回は「OKA-SIN」コースの予約方法

次回は、マイル修行の定番ルートの一つ「OKA-SIN」コースこと「沖縄 - シンガポール」旅程を例に話を進めます。



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.

[関連サイト]
落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記