読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせマイルの達人

「マイル修行って何?」ステータス会員・上級会員の目指し方、最近の飛行機旅事情について。



〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


マイル修行開始前にチェックすべき項目

【スポンサーリンク】

飛行機の予約・航空券の購入、現地のホテルの予約なども済み、あとは飛行機に乗るだけ。その前に、忘れてはいけないこと。

 

飛行機に乗り込む前にチェックすべき項目
マイル修行1日目にチェックすべき項目

 

これだけは絶対Mustな必須品

空港に行くのに、これだけは忘れてはいけません。

それは「パスポート」

着替えや携帯を忘れてもなんとかなりますが、「パスポート」がないと、日本国外に出ることも、外国に入国することもできません。飛行機に乗ることすらできません。

 

 

パスポートとビザの有無をチェック

パスポートの有効期限も確認し、渡航先によっては、ビザ(査証)も必要なところがありますので、それを確認しましょう。

 

ビザの必要な国

アジアで言えば、「OKA-SIN」で行く、シンガポールの短期滞在の場合は、ビザなしで 大丈夫です。

注意すべきは、ベトナム。ベトナムは、初回の入国はビザなしで大丈夫ですが、30日間の中で2回以上入国する場合、2回目以降でビザが必要となります。

また、アメリカやオーストラリアは、ビザが必要です。事前に用意しましょう。

ビザの申請は、今は大使館に出向かなくても、Webから申請することができます。

 

www.8888km.net

 

 

忘れてはいけない「航空券のeチケット」

今の航空券は、航空会社のコンピューター上に保管されていて、昔のような綴り形式の航空券というのは、ほとんど見なくなりました。

その航空券の内容を現しているのが「航空券のeチケット」です。

Webで予約・購入すると、メールで送られ、Webで確認できます。それをプリントアウトして、空港に持って行き、カウンターで搭乗券を発券します。

ただし、忘れても、日本航空・JALなどの航空会社カウンターで、プリントアウトしていただけます。

 

 

現地通貨の用意

クレジットカードがあれば、海外現地のたいていの用は、済ますことができます。

また、小銭がいくらか必要ですが、日本国内での両替や現地での両替屋で行うよりも、現地での銀行ATMなどで、クレジットカードのキャッシングを行った方が、レートがよいです。

参考までに、シンガポールに滞在したときの両替レートを見てみると、

 

・この日の為替レート:84.24870円/s$-
・Travelex(両替屋):89.88円/s$-
・クレカのキャッシング:85.32円/s$-
 (s$50-で4,266円(利息等含む))

as of Oct. 2014

 

www.8888km.net

 

 

クレジットカードの為替レートは、実勢レートに近い

利息を含めても、クレジットカードのレートは、実勢レートに近い。

考えてみれば、当然といえば当然なのですが、両替屋や日本の銀行での両替では、人手を介して行うので、上乗せの手数料分、レートが悪くなってしまう。

一方、キャッシングは、ATMで無人で完結してしまうので、わずかな手数料しか、かからない。

注意すべきは、18%ぐらいの利息なので、キャッシングしすぎると、それなりの金額となるので「ご利用は計画的に」

 

 

クレジットカードの暗証番号と設定の確認

海外でクレジットカードを利用する際、重要なのは「暗証番号」。

クレジットカード発行時に登録した4桁の数字です。

けっこう忘れているもので、「なんだっけ?」という人もいます。

また、クレジットカード発行時の設定で、「キャッシング枠をゼロ円」にしていると、上のクレジットカードでの現地通貨の引き出しはできないので、渡航前に確認しておきましょう。 

 

 

最適な荷物の量

マイル修行の際の荷物の量。
滞在日数や人によって、さまざまだと思います。

「OKA-SIN」で、現地に滞在せず、タッチぐらいであれば、リュックぐらいの機内持ち込み可能な量でも、とくに不自由はしないと思います。

 現地に数日間滞在したり、お土産をいろいろと買うのであれば、大きなスーツケースを持っていった方が楽です。

 

 

機内持ち込みにするか、預けるか

スーツケースを持っていくときに、気になるのが、飛行機の荷物室に預けるのか、機内持ち込みにするのか。

到着時に、ターンテーブル(返却台)での待ち時間がイヤで、機内持ち込みにする人もいます。(当然、サイズが限られます。)

 

 

プライオリティバッゲージサービス

マイル修行開始時は、ステータスがない状態ですので、「プライオリティバッゲージサービス」は使えず、預けた荷物がターンテーブルに出てくるのに、時間がかかります。混んでいる国際線ですと、30分ぐらい待つということもあります。

ステータスが昇格し、「プライオリティバッゲージサービス」が使えるようになると、かなり早く荷物が出てくるので、ストレスはそれほどないと思います。

 



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.

[関連サイト]
落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記