読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせマイルの達人

「マイル修行って何?」ステータス会員・上級会員の目指し方、最近の飛行機旅事情について。



〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


JAL ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ(東京・羽田空港・国内線)

【スポンサーリンク】

日本航空・JALでマイル修行をすると、利用頻度の高いラウンジの一つとなる「JAL ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ(東京・羽田空港・国内線)」を紹介。

 

JAL ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ(東京・羽田空港・国内線)

 

JAL ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ

マイル修行を2014年からスタートし、ステータス条件を次々と達成し、ラウンジ入室資格をGetして、初めて入室したラウンジが、この「JAL ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ(東京・羽田空港・国内線)」。

 

 

「5回以上搭乗キャンペーン」

日本航空・JALのラウンジといえば、「サクララウンジ」があり、ステータスを順番に上がっていくと、まず「サクララウンジ」デビューから始まるのだが、

当月に「5回以上搭乗キャンペーン」で、10,000FOP以上搭乗すると、翌月、ダイヤモンド・プレミア・ラウンジの利用が可能に

という内容の、その当時のキャンペーンがあり、マイル修行を始めた月で、10,000Fly On ポイント以上搭乗したので、いきなり「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」がラウンジデビューとなってしまった。

 

 

ラウンジデビューの場所 

ここの「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」。
今でこそ、だいぶ使い慣れて、落ち着く場所の一つになりつつある。

しかし、このラウンジに初めて入ったときは、かなりドキドキしていたのを思い出す。

 

 

「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」の第一印象

ラウンジデビューとして、初めてラウンジに入ったときの第一印象。

それまで、ラウンジは、未知の世界だったので、「本当に入れるのかな?」と、ラウンジの受付まで進んだ。受付でチェックされ、入室OK。

そして、廊下を進み、ラウンジ内へ。

 

 

第一印象は「静か」

 まず、感じるのは「静か」。というか「静寂」。

羽田空港内の、搭乗口があるフロアは、大勢の旅客でガヤガヤしているのだが、このラウンジは、そんな喧騒から閉ざされたような感じで、きわめて静か。BGMが慣れているのに、それほど邪魔にならない。

 

 

そして「広い」

「空港内に、こんなスペースがあったのか」と思ってしまうぐらい、一人一人の空間が広めで、とにかく、ゆったりしている。

ここであれば、PC作業などの仕事も、どこかカフェとかにいくよりも、落ち着いてできる。

 

 

羽田空港に二つある「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」

羽田空港の南ウィング側と北ウィング側に、それぞれ「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」がある。どちらもサービス内容は一緒(のはず)。

以下、「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」の特徴。

 

 

ラウンジ内のフード・ドリンク

ラウンジ内には、フリードリンクが用意されている。
ソフトドリンクはもちろんのこと、ビールなどのアルコールもある。

そして、フード。
フードというか「軽食」だが、当時は、朝と夕方の時間帯には、メゾンカイザーのパン、お昼頃ににおにぎり、などが供される。

初めて「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」に入室した時、まだ国際線のラウンジは未体験だったので、これにけっこう感動した。

 

 

ワンランク上のビールが完備

「サクララウンジ」にもビールがあるが、それよりも、ワンランク上のビールが用意されている。

例:「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」にあるビール(エビスビール、アサヒドライプレミアム、サントリー ザ・プレミアム・モルツ)

 

 

これ以外のフードやドリンクも

上に紹介したフードやドリンク以外にも、たまに催し的なものがあったりする。

2015年9月には、秋田特集とかで、秋田の日本酒やサイダー、もろこしなどのお菓子が供されていた。

 

JAL ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ(東京・羽田空港・国内線)

 

 

シャワーも完備

そしてラウンジには、個室のシャワー室がある。

昼間仕事をし、空港に移動して、夕方・夜のフライトで移動する際に、シャワーを浴びてから、飛行機に乗る、ということもできる。実際、そういう使い方も、何度かした。

なお、シャワーは、「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」だけのサービスというわけではなく、「サクララウンジ」との共用サービス。

 

 

「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」の入室資格

「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」に入れるのは、以下の方々。

  • 国内線ファーストクラス搭乗者
  • JMBダイヤモンド会員
  • JGCプレミア会員
  • ワンワールドエリートステータス「エメラルド」会員

「サクララウンジ」は、有料オプションで入室できたりするが、この「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」は、そういうものがないので、エリートステータス会員またはファーストクラス搭乗者しか入室できない。

 

 

混雑している時間帯も

しかし、限られた人しか入室できない「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」が、混んでいるときがある。

とくに、平日・朝8時台前後の出発ラッシュ時。
この時間帯は、出張などのサラリーマンらが、本当に多い

全員が「ファーストクラス」に乗るというわけではないだろうから、「JMBダイヤモンド」か「JGCプレミア」、つまり年間80-100回(もしくは距離)、飛行機に乗っている人と想定される。

ステータス会員というのは、お金持ちや紳士的なおじ様のような、人だけがなれるというイメージを以前はあったのだが、こういう風景を見ると、普通の人でも、ステータス会員になれてしまうんだな、と思ってしまった。

 

 

混雑時は「サクララウンジ」に移動した方がいい

そういう混雑の時間帯は、あえて「サクララウンジ」に移動した方が、ゆったりできることが多い。

「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」と「サクララウンジ」を比べると、実は「サクララウンジ」の方が広い。

「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」と「サクララウンジ」で、フードやドリンク内容は違うのだが、それ以外の、椅子やテーブルなどは、ほぼ一緒。

 

 

「サクララウンジ」に秘密の出口

そして、「サクララウンジ」には、秘密の出口があり、搭乗口近くに出れることがある。

なお、その出口は入ることはできない、出るだけ。また、近いか遠いかは、搭乗口による。

ちなみに、「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」は、出入り口は一つ。

 

 

「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」の秘密の入り口

「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」は、出入り口は一つ。

だが、秘密の入り口がある。

そこには、専用の荷物カウンターや保安検査があり、ほとんど並ばずに、搭乗手続き・セキュリティチェックをおこない、そのままラウンジにつながっている。

 

 

この「JAL ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」は、普段使いのような感じで、慣れてくると、いろいろと便利な使い方ができるようになる。

 



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.

[関連サイト]
落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記