読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせマイルの達人

「マイル修行って何?」ステータス会員・上級会員の目指し方、最近の飛行機旅事情について。



〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

【スポンサーリンク】

2015年11月に訪れた、オーストラリア・メルボルン空港の「カンタス航空インターナショナルビジネス」の様子。

 

オーストラリア産スパークリング
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

 

メルボルン空港のラウンジ

カンタス航空の本拠地・オーストラリア。

シドニーの方が、メルボルンよりも、都市の規模が大きく、ラウンジも充実しているという話を聞く。

しかし、ここメルボルン空港は、空港の規模は小さいが、ラウンジはそれなりにかなり充実していて、先日紹介した「カンタス航空インターナショナルファースト」などのラウンジがある。

なお、メルボルン空港には、国内線と国際線があり、ここは国際線のエリア。

 

ビジネスクラス搭乗者向けラウンジ

今回の「カンタス航空インターナショナルビジネス」は、ビジネスクラス搭乗者 または ワンワールド エリートステータス「サファイア」会員が入室できる。

 

 ラウンジの特徴としては、以下のとおり。

 

広いラウンジ

大きな広間が2箇所あって、どこか1箇所に集中することなく、ほどよく分散されるような形になっている。ドリンクバーも2箇所。収容力は高い。

 

ジューサーがある

フードコーナーに、大きくカットされた野菜が置いてあって、最初、そのまま食べるのだろうか?と思った。よく馬の餌やりにあげるぐらいのサイズ。

しかし、さすがに、欧米の人(厳密には、オーストラリアだから、欧米の人ではない)も、もう少し小さくカットして食べるだろうと思っていたら。。。

その隣をみると、ジュサーがあって、「この野菜を入れて、ジュースを作る」とわかった。

 

ワインが充実

ワインがオーストラリアの名産の一つだけあって、置かれているワインは、すべてオーストラリア産。そして、種類も多い。けっこう楽しめるセレクション。

 

ラウンジから飛行機が見えない

残念なのは、このラウンジからは外が見えないので、空港の外の飛行機の様子などを見ることができない。

ラウンジがあるのが到着フロアで、その旅客から見えないように、目隠しされている。

 

落ち着いたラウンジ

ラウンジ全体としては、ガヤガヤとしているが、それほど騒がしいわけではない。「カンタス航空インターナショナルファースト」よりもランクが下がるのだが、落ち着いた感じで、ゆっくりできる空間になっている。

 

ラウンジ入り口
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

広間1
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

広間2
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

フードエリア
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

ヘルシー系メニュー
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

大きくカットされたニンジンとセロリを発見。ペット用?
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

隣にジューサーがあり、各自好きに使っていいようになっている
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

ワインバー
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

オーストラリア産ワインが6種ほど
カンタス航空インターナショナルビジネス (オーストラリア・メルボルン空港)

 

 



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.

[関連サイト]
落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記