めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


「サファイア」ステータスを達成して「JALグローバルクラブ」に入会

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



マイル修行を始めたら、まずは「サファイア」ステータスを目指します。そのワケを紹介。(日本航空・JALの場合の話)

 

「サファイア」ステータスを達成して「JALグローバルクラブ」に入会

 

 

 

「サファイア」ステータスまで搭乗実験を積む

日本航空・JALでマイル修行を行う場合、「サファイア」ステータスまで搭乗実験を積むのが、目標の目安です。

 

  1月から12月までの年間での達成条件
JMBサファイア
JMBサファイア
50,000FLY ONポイント / 50回の搭乗

 

「サファイア」ステータスまで達成すると、「JALグローバルクラブ」(通称、JGC)という会員組織に入会できるのです。

 

ここでは、日本航空・JALの話で進めますが、全日空・ANAでも、同様の「スーパーフライヤーズ」というプレミアムメンバーサービスが用意されています。 

 

 

JALグローバルクラブ(JGC)とは

「JALグローバルクラブ」というのは、

「JALカードに付帯されるマイレージサービスの上級会員組織」です。

通常のクレジットカード「JALカード」と何が違うのか?

クレジットカードとしては、基本的にほぼ一緒です。

待遇サービスが大きく異なります。

 

 

「サファイア」ステータスを永久保有できる

一番のポイントは
「サファイア」ステータスを永久保有できる
という点です。

「永久保有」と書きましたが、その「JALカード」の会員である限り、つまり年間費を払っている限り、という条件はつきます。

前にもご紹介したように、通常、上級会員のステータスは1年間毎の更新で、その上級資格を維持するには、毎年その達成条件をクリアする搭乗実績を作らないといけません。

 

www.flight-mile.info

 

 

入会後は搭乗実績がゼロでもOK

ところが、この「JALグローバルクラブ」に入会して、そのクレジットカードを保有すると、たとえ、翌年以降の搭乗実績がゼロだったとしても、「サファイア」ステータスの待遇を受けることができます。

 

JMBサファイアの待遇内容
予約時の優遇
予約時の優先キャンセル待ち
国内線前方座席指定サービス
搭乗時の優遇
専用カウンターでのチェックイン
受託手荷物無料許容量の優待
プライオリティバッゲージサービス
優先搭乗
空港ラウンジの利用

 

「サファイア」ステータスは、空港ラウンジも使え、手荷物も優先的に返却されるなど、それなりの待遇を受けることができます。

さらに、日本航空・JALだけでなく、ワンワールド・One World系列の航空会社利用時も同様の待遇を受けることができます。

 

 

一年間がんばって飛行機に乗って、家族みんな「サファイア」に

つまり、一年間がんばって飛行機に乗り続け、「サファイア」ステータスを達成し、「JALグローバルクラブ」に入会してしまえば、それ以降は、飛行機に搭乗しなくとも、「サファイア」並みの上級会員の待遇を受け続けることができるのです。

さらに、家族も、「JALグローバルクラブ」の家族カードを作成できます。その家族会員は「年間のご搭乗実績にかかわらず」です。

そうすると、その家族も、永久的に、「サファイア」並みの上級会員の待遇を受けることができます。

ただし、「JALグローバルクラブ」の規約などが変わり、そのような待遇条件が変更される可能性もあります。

 

 

「JALグローバルクラブ」入会の注意点

しかし、いいことずくめではなく、「JALグローバルクラブ」に入会するにあたり、いくつかの注意点があります。

 

 

年会費はそれなりのお値段

この「JALグローバルクラブ」のカードの年会費は、それなりの値段となります。

アメックス、VISAなどのブランドにより年会費は異なりますが、本会員・家族会員で毎年1〜3万円の費用が必要です。

 

たとえば、「JALダイナースカード」の場合では、以下のようになります。

  「JALダイナースカード」の場合の年会費
本会員 30,240円(消費税込)
家族会員 23,760円(消費税込)

 

 

年に何回かは旅行する人向け 

家族カードをたくさん増やしすぎると、それだけランニングコストが発生することになります。 

「JALグローバルクラブ」は、飛行機に全く乗らない人にはもったいなく、「旅行好き」や「飛行機に乗るのが好き」という人向けとも言えます。

たとえば、年に4回(飛行機に往路復路で8回)ぐらい、飛行機を使った旅行をする人を想定しましょう。

年に8回の搭乗実績では、ステータス達成には届きませんが、この「JALグローバルクラブ」入会しているだけで、上級会員ステータスの待遇として、ラウンジが使えたり、手荷物が優先返却されたりします。

その1回あたりのコストは、23,760円÷8回=2,970円。つまり、約3,000円で、その付加サービスを利用していることになります。なお、飛行機に乗れば乗るほど、このコストは安くなります。

 

 

入会審査時に落ちる人もいる

この「JALグローバルクラブ」への入会は、クレジットカードの入会となりますので、所定の審査があります。

 

 

すでにJALカード保有者は、切り替えでOK

すでにJALカードを保有している人は、「JALグローバルクラブ」への切り替えだけで済みますので、簡単です。

 

私が2014年にマイル修行をした際には、以下のような感じで、切り替わりました。今は、短縮化されているかもしれません。

2014年10月    サファイア基準(50,000FOP)達成
   11月25日  JGC入会案内 届く
   11月26日  申込書投函
   12月04日頃 JALサイトのログイン画面表示が変更
   12月06日頃 JGCカードが届く

 

 

事前にJALカードに入会しておく

JALカード未加入者が、新規で「JALグローバルクラブ」に入会の場合、審査で落ちてしまった、という話もたまに聞きます。

そうなると、「JALグローバルクラブ」に入会できずに、そのステータスを維持するためには、毎年、搭乗実績を積む必要が出てきます。

そうならないためにも、事前にJALカードに入会して、最低の会員資格を準備しておきましょう。

 

Have a good flight! ✈

 



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.