読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせマイルの達人

「マイル修行って何?」ステータス会員・上級会員の目指し方、最近の飛行機旅事情について。



〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

【スポンサーリンク】

マイル修行の通過儀礼の一つ「ラウンジ デビュー」。

 

ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

 

 

「ラウンジデビュー」

つまりラウンジ初体験の日。

 

マイル修行の通過儀礼

マイル修行を進めていくと、航空会社の上級会員・ステータス会員となり、ラウンジにはじめて入室する、という場面が現れます。

 

空港にあるカードラウンジではなく、「航空会社のラウンジにデビューする」、というのは、一種の通過儀礼のようなもので、マイル修行の成果を、実感できるときでもあります。

 

初体験は2014年10月

私のラウンジ初体験は、
2014年10月、羽田空港・国内線にある、日本航空・JALの「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」でした。

 

 

未知の世界に潜入

荷物検査を終えて、空港の旅客フロアから見える、ラウンジに通じる入り口。

今まで素通りしていた入り口
ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

今まで、気になりつつも、素通りしていたところです。そのナゾの空間だったところに入ることができるわけです。

そこに初めて入った時は、かなりドキドキでした。

 

 

「JALオリジナルアロマ」の香り

ドアが開き、中にまず入ると、ほのかに香る、不思議な匂い。

 

アロマが香る噴霧器
ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

 

国際線に搭乗の際、最初に配られる、おしぼりに似た匂いです。

これは、「JALオリジナルアロマ」。

アロマは「伝統」「革新」「日本のこころ」をコンセプトに、長野の檜、青森のヒバ、北海道や岐阜の松の葉、高知の柚子などの天然の和の香りを採用し、プロモツール株式会社の芳香・空間演出の専門家である専属の調香師に調合していただいたJALオリジナルの香り

 

 

光る階段

 そして、上階につづく、光る階段が見えてきます。

 「なんだ、この世界は?」という感じです。

 

光る階段
ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

 

今でこそ、わかりきっていることですが、
はじめてのときは、ラウンジの入り方がわかりません。このまま、上に行ってもいいのかどうか。

 

ラウンジにどうやって入るのか?

「受付があるのか?」

「その時に何かカードを見せるのか。」

 

そんなことすら、知らない状態です。

 

 

ラウンジの受付方法(国内線の場合)

日本航空・JALの場合、
国内線のラウンジでは、搭乗券の2次元バーコードを、受付にあるリーダー機器に読み取らせます。

そうすると、どこかのデータベースに照会しているのか、しばらくしてから入室できる部屋名が、画面に表示されます。

「サクララウンジ」

「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」

というように。

ラウンジクラスが一つしかないところは、「サクララウンジ」と表示されます。

 

 

ラウンジにほんとうに入れるのかどうか、ドキドキしっぱなし

今でこそ慣れましたが、最初は、これにもドキドキしていました。

というのは、本当の最初にラウンジに訪れたときは、ステータス会員の入室資格ではなく、搭乗実績達成のキャンペーンで、特別に入室できるものでした。

 

受付まで行き、前にいた人が、機械に搭乗券を読ませていたので、同じようにします。(作業がわからない時は、前の人と同じようにしてみる、というのは、旅行における、物事の鉄則です。)

 

搭乗券を機械に読ませて、ラウンジ名に表示されるまでの、しばらくの間が、かなり長く感じられ、

「ひょっとして、キャンペーン登録していなかったかも?」

「有効となるのは、来月からだったか」 

などと心配になりました。

 

そうこうして、ようやく
「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」
と表示される。

けっきょく、このときは、ぶじにラウンジに入室できました。

 

しかし、入室資格がない場合、どういう表示がされるのでしょう?
「入室できません」「エラー」「ご確認ください」とかが表示されるのか。
また、そのときの、受付のスタッフは、どういう対応されるのでしょう。

 

ドキドキしながら廊下を歩く

 「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジへどうぞ」とスタッフに言われて、ラウンジへ。

 利用者の方はご存知かと思いますが、
この羽田空港の日本航空・JALのラウンジには、受付からラウンジにつづく廊下があります。

ラウンジに続く廊下
ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

濃い茶色の、皮っぽい感じ材質の床材でできた廊下で、空港の普通のエリアとは、明らかに、雰囲気が違います。

その廊下には、ロッカーやお手洗い、喫煙部屋などがあります。それを、抜けていくと、ようやくラウンジとなり、受付からラウンジの部屋まで、ちょと距離があります。

秘密の部屋につづく道、そんな感じです。

>その廊下を、ドキドキしながら歩き、かなり長く感じました。

 

 

日本航空・JALの「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」に初潜入

そして、いよいよラウンジ。

この「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」に入ってすぐ目にするのが、正面に現れる、松のオブジェ。

 

ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

 

見事な盆栽のようでいて、形が異様なのです。

ちなみに、あとで知りましたが、これはフェイクです。

 

そして、普段あまり見たことがないような、椅子が並ぶエリア。

個人ごとに独立した感じで、傍に寄りかかれ、そして、座席それぞれに電源口などもあります。

ラウンジ名物の椅子
ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

ほかにも、仕事などができる机のある場所や、仮眠できそうな部屋とか、いろいろタイプのスペースが用意されています。

 

プレモルなどのビールサーバーもある 

そして、ラウンジの奥には、ドリンクやフードのコーナーがあります。

 

ドリンクは、アルコールやソフトドリンクがあります。

ここには、ビールサーバーがあり、3種類用意されています。

ウィスキーなどもあります。

 

フードは、簡単なものがあります。

このときは、パンが供されていました。メゾンカイザーのパン。

お昼時になると、おにぎりなども出されることがあります。春雨スープがあったときもあります。

フード・ドリンクコーナー
ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

パンやおにぎりがあったりする
ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

ビールサーバーも完備
ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

 

 

航空関係の本の展示

これは、ディスプレイのみで、閲覧できないのが、残念。

航空関係の本のディスプレイ
ラウンジ初体験 はじめての航空会社ラウンジ・国内線

 

 

国内線ラウンジデビューを経てから、国際線ラウンジデビューがオススメ

「国内線ラウンジに体験」してから「国際線ラウンジを体験」というのが、オススメです。

 

国内線のラウンジは、国際線ラウンジと比べると、フードやドリンクや設備が簡略化されているのですが、この初めての時は、感動しました。見るものも、座るものが珍しく、かなりキョロキョロしていました。 ここで紹介したような「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」での体験となったわけです。

海外の航空会社のいろいろなラウンジを見て、今再び、国内線の「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」で、同じような感動を覚えるかと言うと、正直ないと思います。

 

「国際線ラウンジを体験」してから、「国内線ラウンジに体験」すると、ショボく感じてしまいます。

「国内線ラウンジに体験」してから「国際線ラウンジを体験」とすると、ステップアップ的な感じになり、2度、楽しめることになるので、オススメです。

 

なお、世界各所のラウンジは、以下のテーマ記事で紹介しています。

www.flight-mile.info

 

Have a good flight! ✈



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.

[関連サイト]
落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記