めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


あこがれの「ファーストクラス」デビュー

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



一生に一度は搭乗してみたい飛行機の「ファーストクラス」。実は乗り方の裏技がある?

 

あこがれの「ファーストクラス」デビュー

 

 

 

知事も愛用した「ファーストクラス」 

先日、辞任した、前・東京都知事も愛用した、飛行機のファーストクラス。

はたして、そこは、どういう世界があるのか、興味が湧くところ。(どうでもいいといえば、どうでもいい話でもありますが。。。)

 

乗ったことがないのに、「ファーストクラス」のイメージは、いろいろと伝わってきます。

  • 豪勢な食事やアルコールなど
  • 懇切丁寧なスタッフのサービス
  • ベッドにもなる、ゆったりとした座席

とにかく贅沢な空間が待っている、ということは誰もが知っています。

 

 

「ファーストクラス 搭乗記」で検索

飛行機のファーストクラスに、航空会社によって様々で、各社かなり力を入れています。

どういうサービスがあるのかどうかは、ここでは紹介しません。

「ファーストクラス 搭乗記」で検索

そういう情報は、「ファーストクラス 搭乗記」と検索すれば、いろいろな体験談がでてきます。

 

 

ここでは、その「ファーストクラス」に、どうすれば乗れるのかという、現実的な話を、考えてみましょう。

 

 

「ファーストクラス」航空券を購入する

日本航空・JALのファーストクラス運賃は、

東京-オーストラリア・シドニー区間のファーストクラス運賃(往復)
140万円+税金・燃油特別付加運賃等

 

やはり、金額がすごいですね。

ボーナス支給額がよかったり、ハネムーンや退職時のお祝い旅行などがあれば、購入する可能性がわずかにあるかも、というような金額です。

 

 

ファーストクラスの料金 = エコノミークラス10往復分

なお、同区間のエコノミークラスの割引運賃は往復で約10万円+税金・燃油特別付加運賃等です。(時期・割引プランにより値段は変動します。)

単純計算で、ファーストクラスの料金で、エコノミークラス10往復できます。豪勢にして一度だけの旅にするか、移動はリーズナブルに何回も行くか。

 

 

マイル交換で「ファーストクラス」に乗る

航空会社のマイレージ会員ならば、ショッピングや搭乗実績で、マイレージが貯まっています。それを利用することも検討してみましょう。 

東京-オーストラリア・シドニー区間のファーストクラスに必要なマイル(往復)
100,000マイル+税金・燃油特別付加運賃等

 

10万マイルを、ショッピングで貯めようとするならば、

10万マイル÷1%=1,000万円
(100円の利用で1マイル獲得と想定。マイル2倍になる特約店などは考慮せず。)

1,000万円分のショッピングを、マイルの貯まるクレジットカードで利用すれば、10万マイルを獲得できます。

 

 

1,000万円の買い物をすれば「ファーストクラス」に乗れる

マイルの有効期限は通常3年です。
なお、上位のステータス会員になると無期限になることもあります。

 

3年間で、10万マイルを貯めるとすると、年間333万円の買い物。

12ヶ月で割ると、約28万円分の買い物をすれば、3年間で1,000万円となります。

 

食料品や日用品、ガソリン、電気などの光熱費などの毎月かかる支出はもちろんのこと、会社勤めであれば、飲み会などをまとめ払いにしたり、出張などの経費も、クレジットカード払いにすれば。。。ひょっとしたら、貯まるかもしれません。

 

 

10万マイルあっても「ファーストクラス」に乗れない現実

しかし、頑張って10万マイル貯めても、誰でも簡単に乗れるわけではないという現実が、次に待っています。

最大の難関は「空席」がなかなかないということ。

もともと、ファーストクラスの座席が少ない上、全席がマイル特典の航空券として供されるわけではなく、販売分の座席もあります。

 

 

ファーストクラスの「空席」がない

そして、他のみなさんも、同じことを狙っているのか、マイル特典の座席は、早い段階で埋まっていきます。

  • キャンセルで空席が出ることがありますので、そういうのをこまめにウォッチしていく
  • ルール上330日前から航空券の手続きをすることができますので、かなりの先の日程を押さえておく

いずれにしても、かなり大変なことになります。

 

 

「ファーストクラス」へのインボラ

「ビジネスクラス」の航空券を持っている場合、先日、ご紹介した「インボラ」を期待できます。

 

www.flight-mile.info

 

 

ただし、「インボラがある」というのは確約できるものではなく、あまり期待しないほうがいいでしょう。

なお、外資の航空会社によっては、上位のステータス会員には、アッパークラスが空いていれば、オーバーブッキングの有無にかかわらず、インボラさせる、というところもあるようです。

 

 

気軽に「ファーストクラス」を楽しむ

もう少し、お手軽に「ファーストクラス」を楽しめる方法もあります。

日本航空・JALでは、 国内線ファーストクラスを、2007年から始めています

 

 

プラス8000円で「ファーストクラス」

国際線ですと、それなりの値段ですが、それと比べて、この国内線ファーストクラスは、お手軽なもののです。この国内線ファーストクラスの正規運賃は、東京-大阪の片道で3万円ほど。

普通の国内旅行で見ると高額ですが、さきほどの150万円もする東京-シドニーの路線と比べれると、お手ごろに見えてきます。

 

日本の空に初めて流れる上質な時間。

 

 という宣伝文句のように、雰囲気やサービスの質は充実しています。

 

 

国内線で「機内食」「シャンパン」も出てくる

国内線ですが、機内食も供され、そしてシャンパンも用意されています。

残念なのは、搭乗時間が短いということ。

東京から福岡・大阪・札幌などは、1時間ほどで着いてしまいます。「食事をした」と思ったら、すぐに着陸です。

 

 

争奪戦の「沖縄」路線のファーストクラス

日本の中では、距離の長い区間は「沖縄」。残念なのは、ファーストクラス設定の飛行機が、1日片道3便しかないこと(2016年6月現在)。他の大阪路線は、全便ファーストクラス設置だったりするわけですが。

そして、座席数も少なく、まさに争奪戦です。

 

 国際線ファーストクラスは、まだ未体験ですが、この国内線ファーストクラスは、何度も搭乗しました。

 

www.flight-mile.info

 

 

とはいえ、いずれ国際線ファーストクラスにも乗ってみたいものです。

 

Have a good flight! ✈

 



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.