めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


使いたいけど使えない、日本航空・JALの「どこかにマイル」

【スポンサーリンク】

日本航空・JALが、2016年12月から始めた、マイルを使った、ちょっと変わった国内線特典航空券「どこかにマイル」。

 

使いたいけど使えない、日本航空・JALの「どこかにマイル」

 

 

国内線特典航空券「どこかにマイル」の特徴

特徴としては、

  • 必要なマイルは通常の半分以下の6,000マイル(往復)
  • 国内4つの行き先候補の空港から選択(お申し込み後3日以内に行き先決定)
  • JALグループ国内線 東京(羽田)発着の全路線

ということ。

「東京(羽田)」をベースに飛行機に乗られている方は、かなりメリットの多い特典航空券だと思います。

 

 

「地方→東京」 という使い方は可能か?

この航空券では、「往路:目的地 → 東京、復路:東京 → 目的地」というのは、可能なのでしょうか?

それが可能ならば、「東京(羽田)」ベース以外の人も、使えそうと思いました。

しかし、よくよく考えてみると、「東京(羽田)発 → 4つの目的地」という形で申し込むから、おそらくできないのでしょう。将来的に、「東京(羽田)」以外の発着路線にも利用できることを期待したいです。

 

 

ミステリツアー的な「どこかにマイル」

行き先がどこになるのかという「ミステリーツアー」的なワクワク感と、通常よりも少ないマイルで、飛行機に乗れるので、かなり興味があります。

 

ただ、残念なのは、「搭乗実績」にならないこと。

この「どこかにマイル」だけでなく、「国内線特典航空券」「おともdeマイル」などといった、マイルを使って搭乗すると、搭乗回数・搭乗距離・FLY ON ポイントなどの搭乗実績にカウントされません。

せっかく飛行機に乗るからには、飛行機の旅を楽しむだけでなく、搭乗実績もしっかりと貯めたいところです。それが叶わないのが、ちょっと残念です。

 

使いたいけど使えない、日本航空・JALの「どこかにマイル」です。

特典航空券利用時にも、搭乗回数・搭乗距離はカウントしてほしいと思います。マイルやFLY ON ポイントまでとは言いませんが。 

 

 

「搭乗率を上げたい」航空会社の思惑と「おトクに飛びたい」旅客の思惑

今回の「どこかにマイル」は、

  • 航空会社の搭乗率を向上したいという思い
  • できるだけ少ないマイルで旅をしたいという旅行者の思い

がマッチして成立するので、よく考えられている商品だと思います。

日本航空・JALの国内線の搭乗率を見ると、50-60%という路線もあります。搭乗率の内訳をよく見ると、観光人気の高い「沖縄」や、商用目的が多い「大阪」「福岡」などの路線は70-80%と高く、それ以外の地方となると、搭乗率が低いという状況です。

 

 

国内の飛行機搭乗は平成18年がピーク

国土交通省の統計資料によると、地方空港の需要は、旅客数が57,758千人となった平成18年がピークで、そのあとは、減少傾向にあります。平成23年には、44,685千人まで旅客数が減っています。直近を見ると、平成27年には、54,565千人まで回復しています。

 

国土交通省/最新の航空輸送統計年報(Excel形式)

 

 

地方の場合は、その時期のブームなどもあり、なかなか観光需要が安定していないという現実が現れているのかもしれません。

その地方空港に旅客を運ぶ航空会社にとって、乗客が少ないからといって「飛行機を飛ばさない」というわけにはいきません。(海外の航空会社ならば、そういうところもありそうですが。。。)

乗客50人の状態で飛ぶのと、乗客100人の状態で飛ぶのとでは、燃料費・空港の発着料・乗務員の人件費などといった「飛ぶコスト」は、それほど、大きな差はないはずです。どうせならば、少ないマイルで飛んでもらう、というのは、なかなかリーズナルブな解決法です。

 そういう意味では、今回の「どこかにマイル」は、航空会社の搭乗率の向上と同時に、地方空港の観光需要の向上の一助にもなり、かなりの「併せ技」になるのかもしれません。

 

 

国際線版の「どこかにマイル」も登場?

国内線の次は、国際線でも、同じような仕組みの「どこかにマイル」がでてきそうな感じがします。

国際線の搭乗率も、国内線と同じように、路線により高低差があります。 日本航空・JALの2016年の11月の搭乗実績によると、

  • 欧米・東南アジア:80-90%
  • 韓国・中国:60-70%

という状況です。

press.jal.co.jp

 

搭乗率の低い「韓国」「中国」方面を中心に、国際線版の「どこかにマイル」がでてきそうな感じです。さらに、「韓国」「中国」ぐらいの距離感ならば、行きやすい。

 

 

特典航空券を使う時の注意点

なお、国内線特典航空券で搭乗するとき、「クラスJ e-クーポン」や「ファーストクラス アップグレード券」を使ったクラス変更はできず、すべて有償でのクラス変更となります。一度、マイルで飛んだ時に、「普通席」→「クラスJ」に変えようと、「クラスJ e-クーポン」を使おうとしたら、

「マイルご利用時の搭乗にはクーポンがお使いいただけません。」

とカウンターで言われてしまい、現金払いとなりました。そのときは、マイルで塔乗するから、空港でクーポンを使えば、少ないマイルで航空券に変えられると早合点していたので、ついウッカリでした。

 

 

Have a good flight! ✈



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.