めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


エアバスA380で成田空港に着陸すると100万円

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



普段はあまり意識していなかったけど、意外と高い「空港使用料」。

 

シドニーで見たカンタス航空のA380。2階建で、その大きさに圧巻です。
エアバスA380で成田空港に着陸すると着陸料100万円

 

 

エアバスA380のスペック

  • 定員: 3クラス 525名、モノクラス 853名
  • ペイロード: 66,400 kg
  • 全長: 73 m
  • 全高: 24.1 m
  • 最大離陸重量: 560,000 kg
  • 巡航速度: マッハ 0.85
  • 航続距離: 15,200 km
  • 巡航高度: 13,100 m 

よく乗るボーイング767や777の定員が200-300名ということを考えると、一度に最大800名近くを運べるのは、とてもつもなく大きい飛行機だとわかります。

 

ふと、こんなサイトを発見しました。

成田国際空港の着陸料金などを案内しているサイト。

 

航空会社様向け情報_空港料金_料金(着陸料・停留料・BHS使用料・PBB使用料)

 

そんな、世界大きい飛行機「エアバスA380」。空港に支払う、空港使用料も半端ないです。

 

 

飛行機別の空港使用料

それによると、飛行機の機種により、空港使用料が異なることがわかります。

具体的には、こんな感じです。

 

飛行機の機種 空港使用料
A320 218,300 円
B737 235,450 円
B767 426,650 円
B787 457,450 円
A330 538,45 円
A380 1,100,975 円

 

 

エアバス380の空港使用料は110万円

この表にある、2階建て飛行機で世界最大の飛行機で有名な「エアバス380:A380」の場合、トータル1,100,975 円です。エアバス380の1回の着陸料で、一番安いエアバス320が約5回、着陸できてしまいます。

 

その内訳は、

  • 着陸料:881,950 円
  • 停留料 :113,800 円
  • 手荷物取扱施設(BHS)使用料:81,225 円
  • 搭乗橋(PBB)使用料:24,000 円

合計:1,100,975 円

となっています。

 

 

飛行機の重量で空港使用料が決まる

他の機種では、「手荷物取扱施設使用料」「乗橋使用料」は、それほど変わらず、「着陸料」が機種により異なります。

 

この「着陸料」は、飛行機の重量と、エンジンの騒音で決まり、

飛行の重量トン数 × 騒音レベルに基づく発着料(トン単価)

という式で計算されます。

 

国際線着陸料は、航空機の騒音レベルに応じて設定した料金率に、最大離陸重量(MTOW)を乗じて算出した額となります。

 

区分 料金率(円/t)
A 1,550
B 1,650
C 1,750
D 1,850
E 1,950
F 2,000

 

また「停留料」は、空港の駐車代金のようなもので、これも、 飛行機の最大離陸重量(MTOW)により決まります。

航空機の最大離陸重量に200円を乗じた額
(停留時間が6時間未満の場合)

 

 

重くてエンジンがうるさい飛行機ほど、空港使用料が高い

「重たい飛行機」ほど、滑走路への負荷は大きいわけで、また、A380のような大きな飛行機が一度使った後は、乱気流が生じていて(いわゆる「後方乱気流」)、次の飛行機の着陸まで、少し時間をおかないといけません。

そういう意味では、騒音(音が大きいほど、エネルギーがある)や重量で、料金が変わる仕組みは、けっこう、合理的だなと思います。

 

しかし、この「空港使用料」の体系を見ていると、「空港使用料」というよりも、「騒音迷惑税」のように思えてきました。

 

 

Have a good flight! ✈

 



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.