めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


ある1日の飛行機の運用状況を見て、飛行機の収益を試算

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



 国内線では、飛行機一台の年間売上が100億円?

 

ある1日の飛行機の運用状況を見て、飛行機の収益を試算

 

 

先日、たまたま乗った飛行機「JA614J / Boeing 767-300」。

 

ちなみに、この「JA614J」は、

  • 日本航空・JALが利用している飛行機
  • ボーイング社 Boeing 767-300
  • 主に国内線の主要幹線に竣工。韓国や中国路線に使われることもある模様。
  • 2005年に運用開始 

 

 

JA614Jの1日の運用状況

その機体番号「JA614J 」の飛行機の1日の動きをみていくと。。。

 

JL505 08:30 Tokyo (HND) → 10:00 Sapporo (CTS)
JL506 11:00 Sapporo (CTS) → 12:40 Tokyo (HND)
JL517 13:30 Tokyo (HND) → 15:00 Sapporo (CTS)
JL516 16:00 Sapporo (CTS) → 17:40 Tokyo (HND)
JL137 19:00 Tokyo (HND) → 20:20 Osaka (ITM)

 

札幌と東京の往復を2回行い、その日の夜は大阪で終える。

そして、翌日は、大阪から東京に戻り、東京と福岡の往復を2回。

 

JL102 07:10 Osaka (ITM) → 08:15 Tokyo (HND)
JL311 09:10 Tokyo (HND) → 11:05 Fukuoka (FUK)
JL312 12:00 Fukuoka (FUK) → 13:35 Tokyo (HND)
JL323 15:10 Tokyo (HND) → 17:10 Fukuoka (FUK)
JL326 18:00 Fukuoka (FUK) → 19:35 Tokyo (HND)

 

こうしてみると、飛行機は、1日に何度も飛ばされていることを実感します。路線バスや列車のように、行ったり来たりの繰り返し。

 一般的な旅客者としては、飛行機の旅は、非日常的なものです。その乗ってきた飛行機というのは、貴重な思い出の一場面となるわけですが、運用する航空会社からすれば、One of Themだなと感じます。

ちなみに、離島間をひたすら往復したり、「タッチ」(到着について、そのまま帰る)でもすれば、乗ってきた飛行機と同じ飛行機にのり、下手したら、乗務員も一緒、ということとなり、おなじようなOne of Them感となります。

 

 

飛行機の収益性を試算してみる

飛行機は機材が高い。ちなみに、このボーイング社のBoeing 767-300のカタログ価格は約130億円(メーカーと航空会社の交渉やまとめ買いなどで、これよりは低いと思います)。

当然のことながら、航空会社にとって、この高い資産である飛行機を飛ばさないと、お金を稼げません。地上にいるアイドルタイムを短くして、どんどん飛ばして、いかに収益性を高めていくか。というのがポイントになります。

 

以下のように条件を置いて、簡単に試算をしてみました。

 

(算定条件)
  • Boeing 767-300の販売座席数:約250座席。
  • 一座席あたりの平均単価を2万5千円とする。
注意:実際には、整備期間もあるから稼働期間はもっと短く、マイル特典航空券などの有償以外の搭乗もある。

飛行機の売り上げを考えると、以下のような結果になる。

1区間を飛ぶと → 約600万円。
1日5区間飛ぶと → 約3,000万円。
1ヶ月(30日間)飛ぶと → 約9億円。
1年(12ヶ月)飛ぶと → 約100億円。

 

 

国内線・飛行機一台で約100億円の売上

かなり適当な試算ですが、Boeing 767-300飛行機一台で、国内線では年間で約100億円の売上を稼ぐことになります。

実際には、有償貨物も、旅客と一緒に運搬しているので、 それも加わります。

 

新幹線も同じように計算してみると

(算定条件)
  • 新幹線 一編成の座席数:約1,300座席席。
  • 東京-博多で、一座席あたりの平均単価を2万円とする。

片道で → 2,600万円。
往復で → 5,200万円。

 

一回の売上高でみると、新幹線は半端ない。1回分で、飛行機の一日分の売上を稼いでしまいます。

 

ちなみに、稼働時間で見れば、東京-福岡とすると、

それぞれの所要時間は、

飛行機は約2時間、新幹線は約5時間

単位時間当たりの収益は、

  • 飛行機:300万円/時間
  • 新幹線:500万円/時間

となります。

 

 

飛行機の損益分岐点は?

費用という点でみると、飛行機は、飛ばすための燃料代、人件費、空港の利用料や着陸料などがあり、粗利率は40%ぐらいなのではないでしょうか。

一路線あたりの費用と、その利益を見ると、

1区間を飛ぶと
売上 → 約600万円。
費用 → 約60%。
利益 → 約200万円。

上の数値は、満席の場合を想定して、しかも、かなり適当な試算です。

  

個人的には、金額が少ないような感じがしてしまいました。 あのような大きな飛行機が飛んで、「こんなもののか」という感じです。

とはいえ、一日何回か飛び、同時に何十機もの飛行機が飛べば、航空会社全体の売上・利益は、かなり大きなものになります。

年間売上高を見ると、日本航空・JALは1兆3,366億円、全日空・ANAは1兆7911億円(いずれも2016年3月期)。また、営業利益は、 日本航空・JALは1兆1,274億円、全日空・ANAは1兆6547億円(いずれも2016年3月期)。

売上高は大きいが、費用もかなり大きいです。

飛行機の運航コストの損益分岐点は、一般的に60-70%の搭乗率と言われています。(この数値は、国内線・国際線の種別、路線などにもよります。)

 

こうしてみると、飛行機というのは、かなり事業コストの高い乗り物だと感じます。

 

 

などなど。

飛行機に乗っている時に、ヒマだったので、上のような試算をしてしいました。かなり適当な計算なので、あまり信用しないでください。

 

 

おまけ:航空業界の収益状況のレポート

資料を調べていたら、こんなものを見つけました。大学での講義で、全日空・ANAの方が、説明に用いられた資料。航空会社が路線での収益性をどう高めていくのか、LCCとの比較など、けっこう面白いです。

https://www1.gsec.keio.ac.jp/upload/freepage/file/20110606_tourism.pdf

 

 

Have a good flight! ✈



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.