読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせマイルの達人

「マイル修行って何?」ステータス会員・上級会員の目指し方、最近の飛行機旅事情について。



〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


「8.10ペーパー」が2017年3月末で失効。日本航空・JALはどうなる?

【スポンサーリンク】

航空業界に関心のある人にとって、最近の話題となっているキーワード「8.10ペーパー」。この拘束期間が、2017年3月末で終了します。

 

「8.10ペーパー」が2017年3月末で失効。日本航空・JALはどうなる?

 

 

「8.10ペーパー」とは何か?

wikiの説明を引用すると、

2012年8月10日 - 国土交通省によって「日本航空への企業再生への対応について」が策定され、2016年度まで企業再生が適切かつ確実に行われ、公的支援によって競争環境が歪められていないか、航空局による監視が行われるとした(8.10ペーパー)。

この国土交通省の「日本航空への企業再生への対応について」の公表日付が8月10日だったので、「8.10ペーパー」と称されます。

なお、国土交通省の「日本航空への企業再生への対応について」の全文はコチラ↓

https://www.mlit.go.jp/common/000220654.pdf

分厚い資料を想像してしまいがちですが、たった3枚のペーパーです

 

 

一度経営破綻した日本航空・JAL

2010年1月、日本航空・JALは、膨れ上がった債務の対策が行き詰まり、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請し破産しました。

まだ数年して経ていないので、覚えておられる方も多いと思います。

 

当時の日本航空・JALは、組織が官僚的で、社員の中には「潰れても国が助けてくれる」という考え方の人が多かったようで、あまり収益性などは考えず、借り入れなどの資金調達を繰り返していたのが、災いしたようです。

そして、国の助けを借りて経営再建となり、京セラ創業者の稲盛和夫氏を経営陣に送り込んだり、人員整理や債務を放棄してもらったりして、いろいろと企業改革をすすめ、2012年9月に再び東京証券取引所に再上場。今に至る。その過程で、会社CIに従来の鶴丸マークが復活したりもしました。

 

 

「8.10ペーパー」によって制限されているもの

そもそも「8.10ペーパー」が出てきた背景は、以下の通りです。

日本航空・JALが経営破綻し、国の支援で、かなり有利な状態で再建となりました。また、会社更生の企業は、最長7年間、法人税の納税を免除される特例もあります。

しかし、国営企業というわけではなく民間企業で、そういう特別対応は、エコヒイキではないかという、他の航空会社などの声もあり、日本航空・JALを一定期間監視しましょう、ということで、「8.10ペーパー」が出てきました。

具体的には、2012-2016年度の期間中

  • 新規路線の抑制
  • 新規投資の抑制
  • 空港の発着枠の新規割当の抑制 

という内容です。

ただし、これらは完全に禁止しているわけではなく、監督省庁である航空局が、その内容に関して、報告を求め、監視をする、という形になります。

実際に、期間中でも、ボーイングB787を導入したり、エアバスA350を発注したり、空港ラウンジのリニューアルなど、新規投資を行なっています。もしくは、投資という扱いではなかったのでしょうか。

 

 

「8.10ペーパー」失効後に変わるもの

日本航空・JALの足かせになっている「8.10ペーパー」が、2016年度末、つまり2017年3月末で失効となります。失効後、新規路線の就航などが期待されています。

 

 新規路線の就航は期待したいところです。

このマイル修行を始める前、年に2-3回ぐらいしか飛行機に乗っていなかった時、飛行機で世界中に行けると、思っていました。しかし、飛行機に乗り慣れ、世界各地に行くようになると、日本航空・JALの海外路線は、思っていたよりも少ないと感じています。

たとえば、成田国際空港からのJAL運行の直行便の就航都市は、以下の31都市。

  • グアム (GUM)
  • クアラ・ルンプール (KUL)
  • コロール (ROR)
  • サンディエゴ (SAN)
  • シカゴ (ORD)
  • シドニー (SYD)
  • ジャカルタ (CGK)
  • シンガポール (SIN)
  • ソウル (ICN)
  • ダラス (DFW)
  • デリー (DEL)
  • ニューヨーク (JFK)
  • ハノイ (HAN)
  • パリ (CDG)
  • バンクーバー (YVR)
  • バンコク (BKK)
  • プサン (PUS)
  • フランクフルト (FRA)
  • ヘルシンキ (HEL)
  • ホーチミンシティ (SGN)
  • ボストン (BOS)
  • ホノルル (HNL)
  • マニラ (MNL)
  • モスクワ (DME)
  • ロサンゼルス (LAX)
  • 上海 (PVG)
  • 北京 (PEK)
  • 台北 (TPE)
  • 大連 (DLC)
  • 香港 (HKG)
  • 高雄 (KHH)

(2017年3月現在、成田国際空港からのJAL運行の直行便の就航都市) 

 

One Worldのアライアンス航空会社や提携航空会社を含めれば、就航都市は上記よりも多いです。

 

世界の国の数は196カ国、100万人以上の人口を擁する都市は約100都市。それと比べて、31都市というのは、まだまだ可能性があると感じます。

とくに、ヨーロッパや中東エリアは少ないように感じています。たとえば、フィンランドは飛ぶのに、イタリア、スイスやスウェーデンなどには飛ばしていない。航空機の航続距離や、その他の事情もあるのかもしれません。

 

飛行機乗りとしては、いつまでもOKA-SINで、シンガポールというのも飽きてしまいますので、「8.10ペーパー」失効を機に、新しく就航していただき、新たな国への旅行を楽しみたいものです。

 

 

Have a good flight! ✈



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.

[関連サイト]
落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記