めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


「バースデイフライト」誕生日当日に飛行機に乗るとサプライズがあるかも

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



誕生日当日に飛行機に乗る、いわゆる「バースデーフライト」。いったい、何が起きる?

 

誕生日当日に飛行機に乗るとサプライズがあるかも

 

 

先日、たまたま誕生日に、飛行機(国内線)に乗る機会があり、いわゆる「バースデーフライト」では、航空会社での対応が違うのかどうかを確認してみました。

なお、今回は、日本航空・JALの場合の話です。

 

 

航空会社が持つ誕生日データ

誕生日当日になると、航空会社からバースデーメールが届き、Webのログイン画面で「ハッピーバースデー」表示となったりします。

航空会社が、顧客の個人情報として、生年月日・誕生日データを保持しているので、そういう対応が可能なわけです。

 

今回、誕生日当日に、空港などでの対応が変化があるのか、実際に試してみるました。

  

 

国内線での「バースデーフライト」の場合

 いつもどおり空港に行き、手続きなどを進めると、

  • チェックインカウンターにて:通常通りで、何も変化なし
  • ラウンジの受付にて:通常通りで、何も変化なし
  • 飛行機の中:通常通りで、何も変化なし

という結果でした。

乗客リストに「誕生日フラグ」か何かがあり、その有無で対応が変わるのかと思っていましたが、全くもって変化なしです。

 

 

「今日が誕生日」ということを自ら申し出ないといけない

けっきょく、現場では、乗客の誕生日はわからず、

私、今日が誕生日なんです

ということを申し出ないと、何も対応が変わりませんでした。

 

考えてみれば、企業としては健全な対応とも言えます。

現場のスタッフが簡単に顧客の生年月日を見れてしまうのは、芸能人などの生年月日などもわかってしまうわけで、いろいろな問題も起きやすいので、必要最低限の情報しか扱えなくするというのは、当然とも言えます。

 

 

国内線でバースデー・プレゼントをいただく

今回のバースデーフライトでは、ギブアウェイの詰め合わせをいただきました。

飛行機の模型と、お子様向けに現在人気のある機内用ヘッドフォンでした。

搭乗の際に、乗務員さんに誕生日の旨伝えて、目的地に着いて降機する際に、ちょっと呼ばれて行ってみると、バースデー・カードぐらいかな思っていたら、立派なプレゼント包装をいただき、びっくりしました。

 

 

誕生日を気づいてもらいやすい国際線

国際線の場合、国内線と違い、パスポートのチェックとパスポート情報の登録を、航空会社のチェックイン・カウンターで行います。

その際、誕生日の情報を扱いますので、「今日が誕生日」ということに気づいてもらいやすいと言います。ただし、Webチェックインで、乗客が自ら手続きしてしまうと、スルーされてしまいます。

 

実際、他の人ブログなどで、バースデーフライトのときの出来事を調べてみると、こんなことがあったそうです。

 

 

バースデーフライトのウワサ

  • 搭乗券に「HAPPY BIRTHDAY」の文字が印字
  • ラウンジでバースデー・ケーキ
  • 機内でバースデー・カード
  • そしてインボラ

ということがあるそうです。

 なお、上記はANA・国際線の場合です。

 

 

バースデーフライトで「インボラ」

バースデーフライトで「インボラ」というのは、なかなか嬉しいバースデー・プレゼントです。

 ちなみに、1年ほど前に誕生日の翌日に、国際線に搭乗した際には、上記のような出来事は何もありませんでした。

誕生日翌日だったからか、全日空・ANAと、日本航空・JALでの対応の違いかもしれません。

 

誕生日当日に飛行機に乗るというのは、タイミングが難しいので、せめて誕生日前後1週間とか、そういう対応してくれるといいのにと思ってしまいます。

 

 

Have a good flight! ✈

 

 

 

 

 



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.