めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


日本航空・JAL、2018年2月に燃油サーチャージを値上げ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



 

2018年2月から日本航空・JALの燃油サーチャージが値上げとなります。

 

日本航空・JAL、2018年2月に燃油サーチャージを値上げ
日本航空・JAL、2018年2月に燃油サーチャージを値上

 

 

燃油サーチャージ」とも呼ばれる「燃油特別付加運賃」。

日本航空・JALより燃油サーチャージの値上げが、2017年12月中旬に発表されました。

2017年12月に値上げし、さらに2018年2月からも値上げということになります。

 

 

2018年2月からの日本航空・JALの燃油特別付加運賃

2017年12月現在と、2018年2月以降の燃油サーチャージを見てみると、以下のような感じになります。

 

 

2018年2月からの日本航空・JALの燃油特別付加運賃(片道)
区間 2018年1月まで 2018年2月以降
日本-韓国・極東ロシア 300円 500円
日本-中国・台湾・香港 1,500円 2,500円
日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円 3,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円 4,500円
日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 4,000円 6,000円
日本-北米・欧州・中東・オセアニア 7,000円 10,500円

 

 

アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア方面は、2018年2月から1万円の値上げ

この燃油サーチャージは、その名称の通り、航空機が使う燃料の量に応じて価格が決まり、距離が短い方が燃油サーチャージが安く、逆に、距離が遠い方が高くなります。

表の一番下の行にある「アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア」方面ですと、片道1万円の値上げとなります。

 

 

国内線は燃油サーチャージの影響はない

なお、この燃油サーチャージは国際線での話で、国内線は関係ありません(今のところ)。

台湾とさほど距離が変わらない石垣島は、本来は「2,500円」ぐらいの燃油サーチャージが発生しそうですが、おそらく運賃に含ませてしまっているのでしょう。

 

 

 

 

「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」決定のメカニズム

以前も、このサイトでご紹介したかもしれませんが。

この「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」は、航空会社(ここでは日本航空・JAL)が勝手に決めているわけではなく、決定のための仕組みが決まっています。

燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)は、原油価格と為替価格の2カ月平均値に基づいて決定されます。

今回は、原油価格と為替価格の2カ月平均値が「ゾーンB:7,000円-8,000円」となり、ゾーンBでの燃油特別付加運賃が適用となりました。

 

日本航空・JALの燃油特別付加運賃テーブル
  ゾーン A ゾーン B ゾーン C ゾーン D ゾーン E
6,000円-7,000円 7,000円-8,000円 8,000円-9,000円 9,000円-10,000円 10,000円-11,000円
日本-韓国・極東ロシア 200円 300円 500円 1,000円 1,500円
日本-中国・台湾・香港 500円 1,500円 2,500円 3,500円 4,500円
日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア 1,500円 3,000円 4,500円 6,500円 8,500円
日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 2,000円 4,000円 6,000円 8,500円 11,000円
日本-北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500円 7,000円 10,500円 14,000円 17,500円

 

 

原油価格と為替価格の2カ月平均値が6000円未満になると、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)は廃止

なお、上表に6,000円から始まっているように、 原油価格と為替価格の2カ月平均値が6,000円未満になると、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)は廃止となります。

直近では、2016年4月から2017年3月までは、油価格と為替価格の2カ月平均値が6000円未満となり、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)は廃止となっていました。

 

 

原油価格の推移

ここ数年の原油価格の推移をみると、以下のよう感じになっています。

なお、燃油サーチャージの判定には、航空燃油(シンガポールケロシン)の価格が使われています。

 

原油価格の推移(1980~2017年)
原油価格の推移(1980~2017年)
世界経済のネタ帳より

 

原油価格は、直近の2017年12月現在では、 すこし値が上がり始めていて、50ドル/バレルとなっています。

2010年から2014年ぐらいは、原油価格が90ドル/バレルを超えていて、燃油サーチャージが大変な時代でした。海外ツアー代金よりも、追加で支払う燃油サーチャージの方が高い、というような時代だったかと記憶しています。 

 

 

過去には「ゾーン I:14,000円以上15,000円未満」という時代もあった

なお、私がマイル修行を始めた2014年ごろには、日本航空・JALの燃油特別付加運賃テーブルのゾーン設定は、以下のようなレンジでした。

ゾーン A:6,000円以上7,000円未満
ゾーン B:7,000円以上8,000円未満
ゾーン C:8,000円以上9,000円未満
ゾーン D:9,000円以上10,000円未満
ゾーン E:10,000円以上11,000円未満
ゾーン F:11,000円以上12,000円未満
ゾーン G:12,000円以上13,000円未満
ゾーン H:13,000円以上14,000円未満
ゾーン I:14,000円以上15,000円未満

 

マイル修行コースでおなじみにOKA-SIN(沖縄-シンガポール)コースでの費用をみると、

HND-OKA-HND-SIN-HND-OKA-HNDの6区間の費用は以下のような感じでした。 

2014年09月:89,910円
2014年10月:95,260円
2014年12月:85,270円
2015年04月:77,730円

 

なお、当時は、往路・復路に「HND-OKA」などの国内線区間を、国際線乗り継ぎ割引運賃として追加できる時代でした。 

2015年頃に原油価格が下がり、併せて燃油サーチャージも低いゾーンに変わり、費用がかなり安くなったというのを覚えています。

 

 

「燃油サーチャージが下がると航空運賃が値上げする」という関係

なお、「燃油サーチャージが下がると、航空運賃が値上げする」という関係があります。

2016年4月からの航空運賃がそうでした。

燃油サーチャージが全廃されたのに、トータルの費用が上がっていて、よくみると、各区間の航空運賃(正規割引運賃)が値上げされていました。

 

「燃油サーチャージ」は、航空会社にとって、すべて費用に充てるわけではなく、収益の一つになっていたのは、それが無くなると、経営上大変です。

そこで、航空運賃(正規割引運賃)は、航空会社が決められるもので、それを変更して、何かしらのレベニュー調整をしたかったのだと思います。

 

www.flight-mile.info

 

今回は、その逆で燃油サーチャージが値上げとなるので、その分の航空運賃が下がることを期待しています。

おそらく、スグには下げずに、国際線の客足が鈍化の兆しが見えたら、下げてくると予想します。

 

 

参考記事:ここ3年ほどの燃油サーチャージ動向

 

 

 

Have a good flight! ✈

 

 

 

 



Copyright © 2016-2018 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記