めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ(フィンランド・ヘルシンキ国際空港)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



 

北欧らしさを感じるラウンジ。 ラウンジ内に、なんと「サウナ」もあります。

 

フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ(フィンランド・ヘルシンキ国際空港)
フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジの入り口
左がFinnairプレミアムラウンジ、右がFinnairラウンジとなります。

 

 

フィンランド・ヘルシンキ国際空港にあるラウンジの一つ「フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ」。 ファーストクラスあるいはOne Worldエメラルド利用者向けのラウンジです。

 

「フィンランド」といえば、冬の時期のオーロラ、ムーミンや「マリメッコ」「イッタラ」などのデザイン系が有名な国です。

フィンランド・ヘルシンキ国際空港にある、この「フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ」は、そういうフィンランドの雰囲気が感じられるような形になっています。

 

 

オーロラのような雰囲気のラウンジ

フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ(フィンランド・ヘルシンキ国際空港)
フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ。
オーロラをイメージした?照明

 

フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジのラウンジ内の一角は、オーロラのようなゆらゆらとした、紫・青色の蛍光色っぽい、不思議な雰囲気になっています。

訪れたのが、夕刻に近い時刻だったからかもしれません。

ラウンジ内、すべてがこういうわけではなく、普通の明かりのところもあります。

 

 

食器類は「マリメッコ」「イッタラ」

フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ(フィンランド・ヘルシンキ国際空港)
マリメッコのカップ
フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ(フィンランド・ヘルシンキ国際空港)
イッタラのグラス。ペーパーナプキンはマリメッコ。

 

そして、ラウンジ内の食器類は、フィンランドを代表するブランドである「マリメッコ」「イッタラ」です。

「マリメッコ」「イッタラ」の食器は、日本で売られているものの、それなりにいい値段がして、フィンランド本国でも、それほど安くはないという代物です。

ラウンジ内で、それらの食器が普段使いされていて、贅沢な雰囲気です。

旅行者の中には、お土産に食器を一つぐらい持っていってしまう人もいるのではないかと想像してしまいます。しかし、持ち出しは禁止事項なので絶対にやってはいけません!

 

参考までに、「イッタラ」の価格を知りたい方は、以下からご覧いただくとわかると思います。

 

 

 

 

空港ラウンジ内に「サウナ」がある

フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ(フィンランド・ヘルシンキ国際空港)
フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ
サウナ室の入り口

 

フィンランドの名物の一つでもある「サウナ」。

川沿いの木のログハウスのような、ちょっと狭いサウナを個人が持っていて、そのサウナに入り、体が暖まったら、冷水の川の中に飛び込むという光景が、テレビなどで紹介されていたりします。

フィンランドのスグ北は北極海で、冬場などは、かなり寒い国であるので、こういう暖を取る方法が発達したのかもしれません。

ヘルシンキの街中にも公共のサウナや、ホテルによっては施設内サウナがあったりします。

そんなサウナが、空港のラウンジ内 にもあります。

 

 

満足度の高いラウンジ

フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ(フィンランド・ヘルシンキ国際空港)
フィンエアー航空・Finnairプレミアムラウンジ
フードの一部

 

フィンエアー航空・Finnairは、フィンランドのフラッグ・キャリアで、フィンランド・ヘルシンキ国際空港は、ホームグラウンドということあるのか、かなり力を入れていることがわかるラウンジでした。 

フードなどもちゃんとしたものがあります。

なお、同じフィンランド・ヘルシンキ国際空港にある、「(シェンゲン域内)Finnair ラウンジ」のフードは、ここと比べると、少し簡素化した感じの内容です。

 

 

フヘルシンキ国際空港にはFinnairのラウンジが3つ

なお、フィンランド・ヘルシンキ国際空港には、フィンエアー航空・Finnairのラウンジは、以下の3つあります。(2018年1月現在)

  • Finnair ラウンジ
    (シェンゲン域外)、ターミナル2 / ゲート 50 付近

  • Finnair プレミアムラウンジ
    (シェンゲン域外)、ターミナル2 / ゲート 50 付近

  • Finnair ラウンジ
    (シェンゲン域内)、ターミナル2 / ゲート 22 付近

同じターミナルビルである「ターミナル2」にそれら3つのラウンジがあるから、「ラウンジホッピングできるかな?」と期待して行ってみたら、目的地が「シェンゲン域外」「シェンゲン域内」で使えるラウンジが決まっていました。

目的地が「シェンゲン域外」の場合、パスポートの出国審査があります。一方、「シェンゲン域内」での飛行機の移動ですと、違う国への移動ではあるものの、出国・入国の検査がなく、日本の国内線のような感じです。

フィンランド・ヘルシンキ国際空港では、「シェンゲン域外」「シェンゲン域内」で、旅客者のエリアが限定されています。

保安検査後、「シェンゲン域内」→「シェンゲン域外」というように移動しますので、ラウンジホッピングをされる方は、「シェンゲン域内」のラウンジを行ってから、「シェンゲン域外」のラウンジに行かれることをオススメします。

  

 

おまけ)シェンゲン協定国について

ヨーロッパには「シェンゲン協定国」という制度があり、シェンゲン国内での移動の場合は、出国・入国手続きなどの国境検査が不要で移動できます。

陸続きでつながっているヨーロッパ国間の移動で、パスポートでの検査をいちいち行うには煩雑になるということもあり、制定されたような制度です。

よく「EU圏内」と誤解されますが、まったく別の制度です。EU加盟国とシェンゲン協定国は、だいたい同じなのですが、微妙に異なります。

 

「シェンゲン協定国」での入出国方法 | 旅メモ - KoM note blog

 

 

Have a good flight! ✈

 

 

 

 

 



Copyright © 2016-2018 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記