めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


原油相場が70ドル突破。国際線の航空券を買うのは早めがいいかも?

2018年5月に原油相場が70ドル突破。国際線の航空券を買うのは早めがいいかも?

 

原油相場が70ドル突破。国際線の航空券を買うのは早めがいいかも?
飛行機への燃料補給風景は見ていて飽きない空港の風景の一つです

 

 

原油価格が上昇、70ドルを突破

原油相場が70ドル突破。国際線の航空券を買うのは早めがいいかも?
原油価格が上昇し、70ドル/バレルを突破

アメリカとイランとの間での関係懸念などが発生し、原油価格が急上昇中です。

2018年5月に入り、1バレル70ドルを突破し、これは2014年11月以来、約3年5ヶ月ぶりの高値だそうです。 

 

 

円ドル相場も上昇、110円台に突入

原油相場が70ドル突破。国際線の航空券を買うのは早めがいいかも?
円ドル相場も円安方向へ

さらに、円ドル相場も、ここ1-2ヶ月で動きがあります。 

円ドルの為替レートは、しばらく110円未満になっていましたが、2018年4月下旬ごろから円安方向に動き、110円台に入ろうとしています。

 

 

原油価格↑円ドル↑、燃油サーチャージもUP?

原油価格が上がり、円ドルの為替レートも上がってくると、飛行機を乗る立場の人間として気になるのが「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定。

燃油サーチャージは、ここ2-3年は、比較的安く抑えられていましたが、この負担額が大幅に増えてくるかもしれません。

 

  

「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」決定のメカニズム

以前も、このサイトでご紹介していますが、この「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」は、航空会社(ここでは日本航空・JAL)が勝手に決めているわけではなく、決定の仕組みが決まっています。

 

「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」は、原油価格と為替価格の2カ月平均値に基づいて決定され、以下のテーブルが定まっています。

たとえば、原油価格と為替価格の2カ月平均値が7,500円となったら、「ゾーンB:7,000円-8,000円」の燃油特別付加運賃が適用となります。

 

日本航空・JALの燃油特別付加運賃テーブル
  ゾーン A ゾーン B ゾーン C ゾーン D ゾーン E
6,000円
|
7,000円
7,000円
|
8,000円
8,000円
|
9,000円
9,000円
|
10,000円
10,000円
|
11,000円
日本-韓国・極東ロシア 200円 300円 500円 1,000円 1,500円
日本-中国・台湾・香港 500円 1,500円 2,500円 3,500円 4,500円
日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア 1,500円 3,000円 4,500円 6,500円 8,500円
日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 2,000円 4,000円 6,000円 8,500円 11,000円
日本-北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500円 7,000円 10,500円 14,000円 17,500円

*片道あたりの追加金額

 

なお、上表は、6,000円から始まっているように、 原油価格と為替価格の2カ月平均値が6,000円未満になると、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)は廃止となります。

直近では、2016年4月から2017年3月までは、油価格と為替価格の2カ月平均値が6,000円未満となり、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)は廃止となっていました。

 

 

原油の平均価格×平均為替レートの推移

原油の平均価格×平均為替レートの推移を、ちょっと調べて、計算してみました。

なお、ここでは、「OPECバスケット」の原油価格を用いていますが、実際の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)では「航空燃油(シンガポールケロシン)」の価格で計算されます。

 

原油価格と円ドル相場の推移
発券期間 A)
OPECバスケットの月中平均値
B)
為替レートの月中平均値
A×B
2017年8月~9月 50.3ドル/バレル 111.20円/ドル 5,590円
2017年10月~11月 46.1ドル/バレル 111.69円/ドル 5,146円
2017年12月~2018年1月 51.5ドル/バレル 110.35円/ドル 5,685円
2018年2月~3月 58.1ドル/バレル 112.96円/ドル 6,565円
2018年4月~5月 64.5ドル/バレル 111.95円/ドル 7,216円
2018年6月~7月 63.6ドル/バレル 107.03円/ドル 6,809円
2018年8月~9月 予想:70ドル/バレル 予想:110.00円/ドル 予想:7,700円

 

 

燃油サーチャージの推移

ここ1年ほどの、燃油サーチャージの適用ゾーンの推移を見ると、以下のようになります。

日本航空・JALの燃油特別付加運賃の適用推移
発券期間 適用ゾーン
2017年8月~9月 ゾーン A
2017年10月~11月 ゾーン A
2017年12月~2018年1月 ゾーン B
2018年2月~3月 ゾーン C
2018年4月~5月 ゾーン C
2018年6月~7月 ゾーン C

 

上の2つの表をみると、2017年後半は、円ドル相場は110円台の円安だったものの、原油価格が低かったので、「ゾーンA」「ゾーンB」だったことがわかります。

2018年に入り、円ドル相場が110円よりも低い円高になったものの、原油価格が上がり、「ゾーンC」となりました。

 

 

2018年夏以降、燃油サーチャージは「ゾーンD」に行くか?

 

2018年後半は、円ドル相場が円安となり、原油価格も上がる、というダブルでの上昇が起きると、燃油サーチャージが上がる可能性が非常に高いでしょう。

今のゾーンCから、ワンランク上のゾーンDとなると、以下のように変わります。

日本航空・JALの燃油特別付加運賃テーブル
ゾーンCとゾーンDの比較
  ゾーン C ゾーン D
日本-韓国・極東ロシア 500円 1,000円
日本-中国・台湾・香港 2,500円 3,500円
日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 3,000円 4,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア 4,500円 6,500円
日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 6,000円 8,500円
日本-北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 10,500円 14,000円

 

東京= アメリカの往復の場合、ゾーンCならば約2万円の燃油サーチャージですが、ゾーンDとなると約3万円となります。

 

すでに旅程の決まっている国外の旅行などがある場合、早めに航空券を発券した方がいいかもしれませんね。

 

 

Have a good flight! ✈

 



Copyright © 2016-2018 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記