めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


国際線乗り継ぎ割引運賃 を活用

「距離派」のポイントである「国際線乗り継ぎ割引運賃」について紹介します。

 

国内線にも機内食があります
JAL国内線ファーストクラス機内食

 

OKA-SINコースでお世話になる「国際線乗り継ぎ割引運賃」

先にご紹介した「距離派」の定番コースである「OKA-SIN」コース。
これは「国際線乗り継ぎ割引運賃」を使ったものでした。

東京 → 沖縄
沖縄 → 東京
東京 → シンガポール
シンガポール → 東京
東京 → 沖縄
沖縄 → 東京

そのルートは、こんな感じです

なお、日本航空・JALで制度変更があり、2015年4月以降、シンガポール方面には「国際線乗り継ぎ割引運賃」の利用ができなくなっています。

 

www.flight-mile.info

 

国際線乗り継ぎ割引運賃 とは

「国際線乗り継ぎ割引運賃」というのがあり、これは、国内区間を、国際線の航空券に追加できるというものです。

ちなみに「沖縄」である必要もありません。「札幌」「福岡」「大阪」でも、大丈夫です。

 

国内区間を効率的に飛ぶ

「距離派」のポイントは、この「国際線乗り継ぎ割引運賃」で追加する国内区間にあります。

追加料金は一区間5,940円。

そして、この国際線乗り継ぎ割引運賃を使うと、国内線部分のFOPが100%積算されるのです。

距離の長い方が、積算効果も高まるので、飛行距離の長い「沖縄」を使っているというだけです。

 

国内区間は2倍:JALのFLY ON ポイント

現在、日本航空・JALの「距離派」の搭乗実績評価値であるFLY ON ポイント。
その計算方法は、

国内線
積算マイル×2倍+400*

国際線
JAL便の日本発着 中国・香港・アジア・オセアニア線
積算マイル×1.5倍+400*

上記以外の国際線
積算マイル×1.0倍+400*

というように計算されます。

この計算式をご覧いただくとわかるように、国内区間は「積算マイル×2倍」となるのです。

 

「東京-沖縄」と「東京-米国・シカゴ」が同じ搭乗実績

この計算式に、こんなことが起きてしまいます。

東京 → 沖縄
3,352 FLY ON ポイント
*積算マイル100%でファーストクラスに搭乗した場合

 

東京 → シカゴ
3,542 FLY ON ポイント
*ダイナミックセイバー7 (行き:タイプF 帰り:タイプF)で搭乗した場合

 

「東京-沖縄」「東京-シカゴ」。距離や搭乗時間(前者は約3時間、後者は約12時間)が全然違うのに関わらず、搭乗実績のFLY ON ポイントがほぼ一緒となってしまうのです。もちろん、運賃も違います。

 

伝説の「CTS-SIN」コース

国内区間をフルに活用するというのであれば、こんなコースも可能です。

札幌 → 沖縄
沖縄 → 東京
東京 → シンガポール
シンガポール → 東京
東京 → 沖縄
沖縄 → 札幌

日本で一番長いコースである、「札幌-沖縄」を使うのです。
つまり、「札幌(CTS) 発、沖縄-羽田 経由、シンガポール(SIN) 行き」。略して「CTS-SIN」コース。

残念がら、日本航空・JALでは「札幌-沖縄」という区間が設定されていないのですが、全日空・ANAでは存在します。

全日空・ANAで、「距離派」の修行を行うのであれば、このコースは、かなり魅力的です。

 



Copyright © 2016-2019 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note | My Fav Songs