めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


46万円の「森伊蔵」が登場

日本航空・JALの国際線の機内販売でおなじみの「森伊蔵」。そのリミテッド「森伊蔵」が46万円で登場。

 

46万円の「森伊蔵」が登場

 

 

日本航空・JALの国際線の機内販売でおなじみの「森伊蔵」

先日、ニュースを見ていたら、

芋焼酎「森伊蔵」で知られる森伊蔵酒造(鹿児島県垂水市)は、1本46万4400円の特別ボトルを135本限定で売り出す

というような記事を発見しました。

 

1本46万円。

まるでビンテージ物のワインのような価格です。

 

機内販売では、1本3,200円。それをJALカード割引で10%割引が適用され、2,880円で購入しています。

464,400円:3,200円 = 145:1

145倍もの価格。

 

今回の限定「森伊蔵」と機内販売の「森伊蔵」では、熟成年数などが違うので、単純に比較するわけにはいかないのですが、すごい価格差。

 

 

 

46万円の「森伊蔵」は18年熟成

今回の限定「森伊蔵」は、

18年熟成させた森伊蔵の原酒

薩摩焼の名工、十五代沈壽官が監修した陶器に詰める

という内容のようです。

 

ちなみに、日本航空・JAL機内販売でおなじみの「森伊蔵」は、

『かめ壺』で熟成発酵させた

という表記以外は書かれていないのですが、「熟成3年」の森伊蔵が「極上森伊蔵 」として別ものとして販売されているのをみると、いつもの「森伊蔵」は、熟成期間は3年未満のものと想定されます。(あるいは複数年度のブレンド) 

 

 

46万円の「森伊蔵」は高島屋日本橋店で購入

今回の限定「森伊蔵」は、高島屋日本橋店の新館が開業する9月25日に併せて、抽選販売するとのこと。

森伊蔵のホームページを見て初めて知ったのですが、全国の「高島屋」でも森伊蔵は扱っているようです。

 

この限定ものの「森伊蔵」は、一体どんな味なのでしょうか。

沖縄の泡盛工場にいき、年数の違う古酒を飲み比べると、年数が経つほど熟成が進み、まろやかで芳醇な香りであることを感じます。

18年という熟成期間の「森伊蔵」は、どんな感じになるのでしょうか。

 

 

 それにしても、今年は機内販売での「森伊蔵」の入手は難しかったです。

www.flight-mile.info

www.flight-mile.info

 

 

 

Have a good flight! ✈



Copyright © 2016-2018 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記