めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について

2020年初日の出フライト



表示画像の不具合発生中
現在、一部の記事で、画像がうまく表示されない現象が起きています。
読みにくく、大変申し訳ございません。


2020年の初日の出フライトについて。 

 

f:id:Writer_KoM:20200118123024j:plain
飛行機から見る富士山。
雪をかぶった冬の時期は特に神々しいです

 

 

 

新年の始まりを飛行機の上で過ごす「初日の出フライト」。

 

さっそく2020年の年明けに「初日の出フライト」に行ってきました!

 

 

2020年の「初日の出フライト」

と言いたいところですが、残念ながら今回は。。。。

 実は「初日の出フライト」は、気になってはいるものの、なかなか実現できていないフライトです。

 

飛行機に乗ったつもりで、2020年の元旦、飛行機表示アプリ「Flightrader 24」を見てみると、富士山周辺を遊覧する飛行機がいくつもあり、日本航空や全日空以外でもやっていることを初めて知りました。(JAL以外の航空会社について、日頃あまりチェックしていないということもありますが。。。)

ここでいくつかチェックしてみます。

 

注意)日本国内すべての航空会社を調べたわけではないので、ここで取り上げた航空会社でも、日の出フライトを実施している航空会社があるかもしれません。

 

 

羽田空港(HND)出発の日本航空のJL4911(B767-346)

羽田空港(HND)出発の日本航空のJL4911(B767-346) | 2020年初日の出フライト
羽田空港(HND)出発の日本航空のJL4911(B767-346)

 

おなじみの日本航空・JAL。

羽田発の日本航空・JALの初日の出フライトは、富士山も拝められる定番のコース。

お値段は「(普通席)窓側から2席 二人で 92,000円」。

 

 

羽田空港(HND)出発の全日空のNH1919(B787-8)

羽田空港(HND)出発の全日空のNH1919(B787-8) | 2020年初日の出フライト
羽田空港(HND)出発の全日空のNH1919(B787-8)

 

羽田発の全日空・ANAも、 JAL同様、富士山を拝められる定番のコース。

JALよりも、富士山を少し遠方から見るコースです。

お値段は「窓側の席を含むお座席より二人で 100,000円」。

 

 

羽田空港(HND)出発のスターフライヤーの7G9401(A320-214)

羽田空港(HND)出発のスターフライヤーの7G9401(A320-214) | 2020年初日の出フライト
羽田空港(HND)出発のスターフライヤーの7G9401(A320-214)

 

羽田発のスターフライヤーは、 JAL・ANA同様、富士山コース。

お値段はなんと無料です!(応募抽選制)

 

 

羽田空港(HND)出発のソラシドエアのSNJ99(B737-86N)

羽田空港(HND)出発のソラシドエアのSNJ99(B737-86N) | 2020年初日の出フライト
羽田空港(HND)出発のソラシドエアのSNJ99(B737-86N)

 

羽田発のソラシドエアは、 JAL・ANA同様、富士山コース。

旅程では、このあと宮崎空港に行き、宮崎県の青島神社を参拝して、再び飛行機で羽田に戻ってくるそうです。

お値段は「窓側より2席 2名で 120,000円(税込)」。

 

 

中部空港(NGO)出発の日本トランスオーシャン航空のNU3991(B737-8Q3)

名古屋空港(NGO)出発の日本トランスオーシャン航空のNU3991(B737-8Q3) | 2020年初日の出フライト
中部空港(NGO)出発の日本トランスオーシャン航空のNU3991(B737-8Q3)

 

セントレア発の日本トランスオーシャン航空も、富士山コース。

日本航空・JAL系では、ここも初日の出フライトを行なっていました。

 お値段は「窓側より2席 2名で 120,000円(税込)」。

 

 

関空(KIX)出発のJ-AIRのJL4920(E170STD)

関空(KIX)出発のJ-AIRのJL4920(E170STD) | 2020年初日の出フライト
関空(KIX)出発のJ-AIRのJL4920(E170STD)

 

関空発のJ-AIRも、富士山コース。 

日本航空・JAL系では、もう一つ、ここも初日の出フライトを行なっていました。

お値段は「1名あたり4万5800円(申し込みは2名から)」。

 

 

成田空港(NRT)出発の春秋航空日本のIJ9777(B737-8)

成田空港(NRT)出発の春秋航空日本のIJ9777(B737-8) | 2020年初日の出フライト
成田空港(NRT)出発の春秋航空日本のIJ9777(B737-8)

 

成田発の春秋航空日本も、富士山コース。  

お値段は「 1名 10,000 円を基本料金とし、窓側席などは特別座席料金を加算する方式」。LCCということを忘れず、機内食は有料で、「特製和風お弁当(2,020 円) 」。

 

 

成田空港(NRT)出発の日本航空のJL4599(B787-8)

成田空港(NRT)出発の日本航空のJL4599(B787-8) | 2020年初日の出フライト
成田空港(NRT)出発の日本航空のJL4599(B787-8)

 

成田発のJAL、房総半島上空から富士山を拝むコース。 

お値段は「(エコノミークラス)窓側から2席 二人で 90,000円」。

成田発で海外飛ぶ機材、国際線機材を使った初日の出フライトです。

 

 

 意外と多い日の出フライト

今回調べたのを列挙すると、こんなにも。 

  • 羽田空港(HND)出発の日本航空のJL4911(B767-346)
  • 羽田空港(HND)出発の全日空のNH1919(B787-8)
  • 羽田空港(HND)出発のスターフライヤーの7G9401(A320-214)
  • 羽田空港(HND)出発のソラシドエアのSNJ99(B737-86N)
  • 名古屋空港(NGO)出発の日本トランスオーシャン航空のNU3991(B737-8Q3)
  • 関空(KIX)出発のJ-AIRのJL4920(E170STD)
  • 成田空港(NRT)出発の春秋航空日本のIJ9777(B737-8)
  • 成田空港(NRT)出発の日本航空のJL4599(B787-8)

意外と多いんですね。

 

 

便名がちゃんと表示されない

ところで、日本航空・JALの初日の出フライトの便名は、和暦や西暦にちなみに、羽田空港発がJAL2011、成田空港発がJAL0211のはずなのですが、Flightraderでみると、それぞれJL4911/JL4599

なんででしょう。 

 

 

Have a good flight✈



Copyright © 2016-2020 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note | My Fav Songs