めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について

やはり低い! 羽田空港の新飛行ルート

渋谷で羽田空港の新飛行ルートを飛ぶ飛行機に遭遇。

 

やはり低い! 羽田空港の新飛行ルート
渋谷駅近くでの光景

 

 

先日、記事にしてみた「羽田の新飛行ルート」の話題。

このとき、見たのは検査機によるフライトでした。

 

羽田空港の新飛行ルートの飛行検査、飛行機の高度が低い!
羽田空港の新飛行ルートの飛行検査と思われる飛行機に遭遇したときの話です。

 

 

羽田空港の新飛行ルートの試運用

そして、2月のある日、同じく渋谷あたりにいると、飛行機の音がするので、上を見あげると、飛行機が!

飛行機が飛んでいる高度、かなり低いです。尾翼の航空会社のマークが見えるくらい。

望遠レンズのあるカメラならば、かなりはっきりと写るのでしょう。

このルートならば、東京タワーや六本木ヒルズや大手町などの高層ビル群なども見ることができ、東京らしい風景を楽しむことができるのではないでしょうか。

東京は、高層ビルが多いにも関わらず、ビル群の街景を楽しむことができるような、拓けた場所のスポットが少ないので、こういう東京の街の見せ方は、外国人旅行者にはいいかもしれません。(湾岸エリアをうまく整備して、香港のビクトリアハーバーのような、ビル群の街景を眺められるようにすればいいのにと、いつも思います。)

 

 

羽田空港の新飛行ルートの問題点

一方で、騒音問題や降下角度がきつすぎるという話もあり、大丈夫なのかという話もあります。

確かに、騒音は、羽田空港まで直線で伸ばすと、その先には住宅エリア上空を通過するので、着陸に向けて、飛行機の高度が低くなるにつれ、飛行機の発する音も大きくなってきます。

降下角度も、

・羽田新ルートは、飛行機の到着経路における降下角を「3・0度」から「3・45度

・香港・旧啓徳空港でさえ3・1度だった

羽田は世界一着陸の難しい空港

というように言われています。

アメリカのデルタ航空は、「通常よりも急角度」ということで、羽田空港の新ルートは使わない、と表明されています。(あくまで都心ルートの試運用時においての表明、3月29日からの正式運用時までには、社内で検討して新ルートを使えるようにする可能性があります。)

飛行機の事故番組などをみると、いつもと違う方式の場合、事故は起きやすいことがわかります。羽田空港を使い慣れていない、海外などのパイロットなどは、要注意かもしれません。

 

一旅行者として、東京圏に住んでいるので、羽田空港を利用することが多い身としては、なるべくご迷惑をおかけしたくないという思いがあります。同時に、安全であってほしいと願います。

 

 

Have a good flight✈



Copyright © 2016-2020 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note | My Fav Songs