めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


カンタス航空シンガポールラウンジ(シンガポール・チャンギ空港)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



シンガポール・チャンギ空港の「カンタス航空シンガポールラウンジ」。いつ来ても、ここは、すばらしい空間。

 

旅行での野菜不足をここで解消
カンタス航空シンガポールラウンジ

 

カンタス航空シンガポールラウンジ

「カンタス航空シンガポールラウンジ」。
マイル修行をして、初めて訪れた、海外のラウンジが、ここだった。

ここに、最初入った時、ビックリした。

 

ラウンジデビューで新たな世界に驚く

「OKA-SIN」コースの、「飛行距離」で修行している人は、日本国内の成田空港の国際線、日本航空・JAL(あるいは全日空・ANA)ラウンジにデビューするという通過儀礼がある。

初めて「ラウンジ」(カード会社のラウンジではなく、)という世界に入る。入る前から、かなりドキドキしていた。

そして、その別世界に驚く。
あまりの居心地の良さに、空港や航空会社が、自分をもてなしてくれていると感じてしまう。

それだけでも、一般旅客からすると、十分なんだけど。

 

カンタス航空シンガポールラウンジで、さらに驚く

この「カンタス航空シンガポールラウンジ」に来て、さらに驚いた。

 

・シャワー室が広い
・オーダー式のダイニングメニュー

そういう設備的なモノだけでなく、雰囲気的な感じが進んでいる。なんだろう、ラウンジの世界が、もう一段上を行っている。地味ながら 落ち着く感じ。

 

「これ、本当に無料でいいんですか?」

「これ、本当に無料でいいんですか?」と感じてしまう。

 

まるで、クラシカル・ホテルのラウンジにいる感じ。
日本航空・JALの日本のラウンジもいいんだけど、それとはちょっと異なる。おそらく客層も関係するのだろう。

その後、「カンタス航空シンガポールラウンジ」に何度訪れていて、満足する。

 

Neil Perry の Spice Temple をヒントにした料理

ラウンジ内にフードは、もちろんある。

これが、ちょっと変わった料理。

めちゃくちゃ、おいしいというわけではなく、かといって、マズイというわけでもない。あまり普段食べない感じ。そういう意味では、非日常感がある料理とも言える。「Spice Temple」というお店とのアレンジだという。

 

オーストラリア本国には、さらに別世界のラウンジがある

ちなみに、カンタス航空の本国オーストラリア空港のラウンジも、かなり力が入ったラウンジで、さらに別世界。それも後日紹介する。

 

エントランス
カンタス航空シンガポールラウンジ

ラウンジの様子
カンタス航空シンガポールラウンジ

ダイニングエリア
カンタス航空シンガポールラウンジ

野菜系のメニュー
カンタス航空シンガポールラウンジ

オーダータイプのメニュー
Grilled Dory Fish with Cucumber and Mini Salsa
Thai Green Chicken Curry with Jasmine Rice
カンタス航空シンガポールラウンジ

Grilled Dory Fish with Cucumber and Mini Salsa
日本語で言えば「鯛のソテー、きゅうり添え」
カンタス航空シンガポールラウンジ

旅行での野菜不足をここで解消
カンタス航空シンガポールラウンジ

デザートも豊富
カンタス航空シンガポールラウンジ

デザートセットが出来上がる
カンタス航空シンガポールラウンジ

シャワー室のエリア
カンタス航空シンガポールラウンジ

個室タイプのシャワー室
カンタス航空シンガポールラウンジ



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.