めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


【マイル修行者に悲報】「国際線乗り継ぎ割引運賃」が廃止

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



「国際線乗り継ぎ割引運賃」が、2016年9月30日をもって利用終了。

 

【マイル修行者に悲報】「国際線乗り継ぎ割引運賃」が廃止

 

日本航空・JALでの残念なお知らせです。

 「国際線乗り継ぎ割引運賃」が、2016年9月30日をもって利用終了となりました。JALのWebサイトでの「お知らせ」などで、大きなアナウンスもなく、こっそりとなくなりました。

 

 

「国際線乗り継ぎ割引運賃」とは?

国際線の航空券に、その国際線区間の前後に、国内線の区間を追加できるというものです。

どういうものかというと。。。

 

日にち 区間
B月T日 東京 → 韓国
B月T+3日 韓国 → 東京

 

という、「東京=韓国」往復する、本体となる国際線の航空券があったとします。

この前後に、「国際線乗り継ぎ割引運賃」として、国内線の区間を、以下のように追加できます。

 

日にち 区間
A月T日 (国内区間)東京 → 札幌
B月T日 東京 → 韓国
B月T+3日 韓国 → 東京
D月T日 (国内区間)東京 → 福岡

 

つまり、一つの国際線の航空券に、2つの国内線を追加できたわけです。ただし、国際線は「韓国・中国・台湾・香港路線」のみ。

 

 

5,940円で日本全国飛び放題

「国際線乗り継ぎ割引運賃」では、この国内区間の運賃が片道5,940円。なお、石垣島などの沖縄離島の場合は片道10,800円でした。

国内線は、正規の割引普通運賃が10,000-25,000円はするので、かなりオトクになります。

そして、積算マイルも100%という、かなりコスパの良い運賃でした。 

 

 

10万円ちょいで「サファイア」ステータスが可能だった

「国際線乗り継ぎ割引運賃」で、「東京=沖縄」の区間を飛ぶと仮定すると、

 

普通席の場合:2,368FLY ON ポイント (区間マイル:984マイル×2+400)

仮に、サファイアステータスを狙うとして、50,000FOPを達成するのに、

普通席ならば、50,000FOP ÷ 2,368FOP = 21.11 ≒ 22回

費用としては、22回 × 5,940円 = 130,680円

 

なんと10万円ぐらいで、「サファイア」ステータスを達成できてしまいます。

 

注意:実際には、本体の国際線部分が必要なので、これ以上に費用はかかります。また、初搭乗ボーナスFOPなども実際は加算されるので、登場回数は、これほどは多く必要はないでしょう。

 

 

マイル修行者が愛用していた「国際線乗り継ぎ割引運賃」

このように、「国際線乗り継ぎ割引運賃」を使うと、航空会社のステータスアップに必要な、FLY ON ポイントなどの獲得単価を、かなり下げることができ、経済的でした。 

マイル修行を行う人が、よく利用していた運賃だと思います。以前、こちらでもご紹介しました。

 

www.flight-mile.info

 

さらに、
「国際線乗り継ぎ割引運賃」を応用すると、こんなことも可能でした。

 

 

2つの国際線の航空券で4つの旅行が可能

 

航空券(1)
日にち 区間
A月T日 (国内区間)東京 → 札幌
B月T日 東京 → 韓国
B月T+3日 韓国 → 東京
D月T日 (国内区間)東京 → 福岡

 

航空券(2)
日にち 区間
A月T+3日 (国内区間)札幌 → 東京
C月T日 東京 → 台湾
C月T+3日 台湾 → 東京京
D月T+3日 (国内区間)福岡 → 東京

 

この2つの航空券で、以下のような旅程となります。

国外2カ所・国内2カ所計4カ所の旅行が可能となります。 

 

旅程
A月 札幌旅行
B月 韓国旅行
C月 台湾旅行
D月 福岡旅行

 

費用的にも、国内区間は往復で約1万円の費用となるので、国内区間の航空券を単体で買うよりも、かなりオトクになっています。

 

なお、この方法の弱点として、航空券を一度発券してしまうと、「スケジュールの変更ができない」という問題があります。帰国後の国内区間に限り、前の便に振り替えができるだけです。

 

 

2016年9月30日で「国際線乗り継ぎ割引運賃」が廃止

しかし、残念なことに、こういうことが、今後はできなくなりました。

 

なお、「国際線乗り継ぎ割引運賃」は無くなりましたが、「国際線の国内線区間」は利用できます。つまり、国際線の搭乗24時間以内の乗継という形であれば、同じようなことが可能です。

 

 

ルールが厳しくなる「国際線乗り継ぎ割引運賃」

「国際線乗り継ぎ割引運賃」は、ここ2年ほどで、ルールがかなり厳しくなってきています。

2015年4月から、シンガポールなどの東南アジア路線で利用不可。韓国・中国・台湾・香港路線では引き続き利用可能。

 

2016月10月から、韓国・中国・台湾・香港路線も利用不可に。

 

全路線で「国際線乗り継ぎ割引運賃」が使えなくなり、実質的に「国際線乗り継ぎ割引運賃」が消滅したということだと思います。

 

しかし、航空会社の視点で見てみれば、こういう「国際線乗り継ぎ割引運賃」の利用が増えると、結果的には「客単価の低下」となってしまいます。「国内線だけの利用ならば、本来の国内線価格で航空券を買ってほしい」という判断に至るのは当然かもしれません。

 

 

Have a good flight! ✈

 



Copyright © 2016-2017 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村