めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


「初日の出フライト」JALとANAの違い

飛行機好きは、一度は乗ってみたい「初日の出フライト」。

 

飛行機から見る日の出
飛行機から見る日の出は幻想的です

 

 

1月1日の早朝、飛行機の中から初日の出や富士山を見ることが目的の、特別なフライト「初日の出フライト」というものがあります。

通常、飛行機にのることの目的は、どこか目的地への移動です。 しかし、この「初日の出フライト」の場合は、羽田空港から飛んで羽田空港に再び戻ってきます(羽田空港発の場合)。

 

 

「初日の出フライト」なかなか手に入らないプラチナチケット?

この「初日の出フライト」は人気があり、普通席でも2人で5万円以上という価格設定にもかかわらず、発売開始と同時に売り切れとなってしまうらしいです。

日本航空・JALの植木社長も、2018年での「初日の出フライト」のあいさつで、

JALグループの初日の出フライトは、30分で売り切れるプラチナチケット。そのチケットを購入できたラッキーな方とご一緒することで、皆さんの運に乗っかりたい。

 と述べられたとか。

 

日本航空・JAL、全日空・ANA、両社で「初日の出フライト」を企画していますが、その内容を見比べていたら、中身が微妙に違うことに気づきました。

 

 

違い1:「会員限定にしている」全日空・ANA

まず大きく違うのが、「初日の出フライト」の参加資格の設定。

全日空・ANAでは、初日の出フライトに参加できるのは、「ANAマイレージクラブ会員」に限定しています。

一方の日本航空・JALでは、ファーストクラスのみJALカード会員に限定しているものの、普通席などは、会員以外でも参加できます。

 

 

違い2:外の景色を見えない席がはっきりしている日本航空・JAL

この「初日の出フライト」の目的は、移動ではなく、その風景の鑑賞ですので、外の風景を楽しめるかどうかがポイントといえます。

日本航空・JALの初日の出フライトの、2018年度の「普通席」での料金を見ますと、

  • 窓側:二人で90,000円
  • 通路側:二人で56,000円
  • 翼の上/窓側:二人で86,000円
  • 翼の上/通路側:二人で54,000円

という感じで、外の景色が見える・見えないで価格に差をつけています。

2018年には、「翼の上」というカテゴリーも設けられました。

景色が「見える席」「見えない席」と予めわかった上で申し込むことになります。

 

 

違い3:座席で新年の運試しができる全日空・ANA

一方、全日空・ANAの初日の出フライトの、2018年度の料金は、

  • 普通席利用Aコース二人で100,000円
  • 普通席利用Bコース二人で70,000円(窓際席を含まない)

の2種類です。

さらに座席は事前には知らされず、出発当日にわかります。その年の運が試される感じです。

なお、2017年では、全日空・ANAも、日本航空・JALのような料金体系でしたが、企画的要素を入れたのでしょうか?

 

 

違い4:機体を小型化して、「外の景色の見えやすさ」を配慮した日本航空・JAL

2017年と2018年で、全日空・ANAと日本航空・JALで、使用する飛行機の機材が異なります。

 

初日の出フライトの使用機材、JALとANA比較(羽田空港発)
日本航空・JAL   全日空・ANA
B777-200
乗客定員375人
2017年の使用機材 B777-200ER
乗客定員223人
B767-300ER
乗客定員252人
2018年の使用機材 B787-8
乗客定員335人

 

日本航空・JALは、使用する飛行機を、B777-200からB767-300ERへと小型化し、定員も少なくなりました。

普通席の配置を比較すると、B777-200では3-4-3配置ですが、B767-300ERでは2-3-2配置となりました。

幅が狭い機体にすることで、「外の景色の見やすさ」を考慮したものでしょうか?

 

 全日空・ANAは、2017年では、B777-200ERの国際線機材で、一人ひとり個人用エンタメ画面が設置されていて、機外カメラのようすなども映せました。2018年はB787-8の国内線機材に変更し、乗客定員が増えました。

 

ここまで書くと、全日空・ANAに分が悪いような感じですが、全日空・ANAにはこんな特典もあります。

 

違い5:特別な「お土産」を用意している全日空・ANA

この初日の出フライトに参加すると、

  • 搭乗証明書
  • お弁当
  • 枡酒

がプレゼントされます。

全日空・ANAでは、さらに「お土産」が用意されていて、

  • 2017年では「沖縄のミンサー織り、鶴屋吉信の和菓子など」
  • 2018年では「お箸とお菓子など」

が用意されていたようです。

 

 

いつかは「初日の出フライト」にチャレンジ

じつは、私自身は、まだ 「初日の出フライト」に乗ったことがありません。

年末年始は実家などでの用などがあり、東京を離れていることが多く、元旦早々に羽田空港に行くのが難しいのです。

しかし、いつかは乗ってみたいと思います。

 

 

 

参考:JALとANAの初日の出フライト内容比較表(2018年元旦出発)

 

2018年度の初日の出フライトのJALとANA比較(羽田空港発)
日本航空・JAL   全日空・ANA
B767-300ER 使用機材 B787-8
05:45 羽田空港出発
 | 富士山・初日の出を鑑賞
08:00 羽田空港到着・解散
行程 04:15 羽田空港集合
05:35 羽田空港出発
 | 富士山・初日の出を鑑賞
08:00 羽田空港到着・解散
(窓側)
ファーストクラス 二人で140,000円
クラスJ 二人で100,000円
普通席 二人で90,000円

(通路側)
ファーストクラス 一人で50,000円
クラスJ 一人で35,000円
普通席 一人で28,000円

(普通席・翼上の席)
窓側 二人で86,000円
中央 一人で27,000円
料金

普通席利用Aコース二人で100,000円

 

普通席利用Bコース二人で70,000円
(窓際席を含まない)


*プレミアムクラス利用コースの設定はなし

 

どこに座るかは当日わかる

記念搭乗証明書
おせち風弁当
紅白まんじゅう
升酒 ※未成年の方はジュース
シャンパンミニボトル(ファーストクラスのみ)
お土産など

搭乗証明書
お弁当
枡酒(未成年のお客様はジュース)
お土産

「ファーストクラス」はJALカード会員のみ。それ以外は誰でも可 参加資格 ANAマイレージクラブ会員のみ

 

 

参考:JALとANAの初日の出フライト内容比較表(2017年元旦出発)

 

2017年度の初日の出フライトのJALとANA比較(羽田空港発)
日本航空・JAL   全日空・ANA
B777-200 使用機材 B777-200ER
05:45 羽田空港出発
 | 富士山・初日の出を鑑賞
07:45 羽田空港到着・解散
行程 04:15 羽田空港集合
05:35 羽田空港出発
 | 富士山・初日の出を鑑賞
08:00 羽田空港到着・解散
(窓側)
ファーストクラス 二人で140,000円
クラスJ 二人で100,000円
普通席 二人で83,000円

(通路側)
ファーストクラス 二人で100,000円
クラスJ 二人で70,000円
普通席 二人で56,000円
料金 (窓側)
プレミアムコース 二人で100,000円
普通席コース 二人で90,000円

(通路側)
プレミアムコース 二人で70,000円
普通席コース 二人で60,000円
記念搭乗証明書
おせち風弁当
紅白まんじゅう
升酒 ※未成年の方はジュース
シャンパンミニボトル(ファーストクラスのみ)
お土産など

搭乗証明書

お弁当
枡酒(未成年のお客様はジュース)
お土産

「ファーストクラス」はJALカード会員のみ。それ以外は誰でも可 参加資格 ANAマイレージクラブ会員のみ

 

 

Have a good flight! ✈

 

 

 

 



Copyright © 2016-2018 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記