めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


2019年1月7日から「国際観光旅客税」が課税される

2019年1月7日から「国際観光旅客税」が課税されます。

 

2019年も初日の出フライト
2019年も初日の出フライトには乗れていません。
いつか乗りたいです。

 

 

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ当ブログをよろしくお願いいたします。

 

「国際観光旅客税」が始まる

正月早々、航空会社のWebサイトで航空券の予約手続きをしていたら、2019年1月7日(月)から「国際観光旅客税」が始まることを知りました。

「国際観光旅客税」の内容は、

  • 日本国内全空港から国際線で出発の旅客:1,000円(消費税対象外)
  • 2019年1月7日(月)以降で発券かつ搭乗分する分が対象
  • ただし、国際線から国際線への乗り継ぎ(トランジット)で、同一の航空券を使用し、24時間以内に出発する旅客は適用外

というものです。 

日本の空港から国際線で出発する旅客が対象ですので、日本人だけでなく、外国人の方も対象です。

「国際観光旅客税」ができることは、ずいぶん前にニュース等で存在は知っていました。しかし、こんなにスグに施行されるとは思っていませんでした。

また、てっきり訪日観光客が増えたので、そういう人たちから徴収かと思っていたら、日本人も対象なんですね。

ちょうど、この夏に国際線を利用する旅程があったので、1月7日より前に購入・発券してしまいました。

 

 

今でも航空券以外の費用が多い

「国際観光旅客税」以外でも、航空券を購入したときに加算されるものがいろいろとあります。

たとえば、今度行く海外渡航先の航空券を購入したとき、

  • 航空保険特別料金/燃油特別付加運賃 (YQ)28,600 円
  • 空港利用料 (SW)2,090 円
  • 旅客保安サービス料 (OI)520 円
  • Security Charge (DQ)620 円
  • Passenger Fee (International) (FI)1,120 円
  • Air Transport Supervision Charge (XU)160 円
  • 計 大人一人 33,100円

といった費用が運賃以外に発生しました。

渡航先によって、内容や金額はいろいろですが、けっこう細かく徴収されています。

「国際観光旅客税」も、こんな感じでこっそりと紛れ込ませられることでしょう。1000円ぐらいだと、気づかない感じです。

 

それにしても、「燃油特別付加運賃」いわゆる燃油サーチャージ、金額が大きいですね。

今の原油価格と為替動向を見ていると、昨年よりも下落傾向で、このまま行けば燃油サーチャージがワンランク下がる可能性もあるので、国際線の航空券の購入は少し待っていた方がおトクになるかもしれませんね。

 

 

Have a good flight! ✈



Copyright © 2016-2018 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記