めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


〜〜〜〜〜〜[マイル修行の教科書]〜〜〜〜〜〜
www.flight-mile.info


「インボラ」を高確率でゲットする方法

【スポンサーリンク】

航空会社の都合で、エコミークラスからビジネスクラスにアップグレードされる「インボラ」。その「インボラ」を高確率でゲットする方法について。

 

「インボラ」を高確率でゲットする方法

 

 

「インボラ」という単語、ご存知でしょうか?

 

「インボラ」とは

「インボラ」とは、

インボランタリー・アップグレード (involuntary upgrade)

の略です。

意味は、

航空便の搭乗手続きの際、オーバーブッキングなど航空会社側の都合によって、座席がエコノミークラスからビジネスクラスなど、より上位のクラスに変更されること

 

本当はエコノミークラスなのに、なぜかビジネスクラスに乗れてしまった、というアレです。

 

なぜ、こういう「インボラ」が起きるのか。

航空会社は、飛行機の座席・航空券は、定席数以上に予約を受け付けています。

「定座席以上に」という点に、この「インボラ」せざるを得ない事情があります。

 

 

確率論を使った科学的技法「オペレーションズ・リサーチ」

わたくしは、学生時代に、「オペレーションズ・リサーチ(Operations Research)」略してORというのを、講義の一環で学んでいたことがあります。

この「オペレーションズ・リサーチ(Operations Research)」とは、

数学的・統計的モデル、アルゴリズムの利用などによって、さまざまな計画に際して最も効率的になるよう決定する科学的技法

という内容で、この、飛行機の予約というのは、まさにORの分野の一つです。

学生時代などで「確率」というと、試験問題ぐらいでしか目にしないわけですが。この、飛行機の予約のORの事例を見て、「確率というのは、こんな感じで、世の中に使われるのか」と、学生時代は、感動したものでした。

 

 

オーバーブッキングの産物「インボラ」

ご存知の方は多いと思いますが、飛行機に限らず、「予約ビジネス」というのは、キャンセルがあることを見越して、予約を受け付けているためです。

そのキャンセルの確率は、過去の同じ時期の搭乗率などと照らし合わせて、設定されています。通常は、その確率の範囲で収束し、日々、旅客が搭乗し、問題なく飛行機が飛びだって行くわけです。

さきほどの「オペレーションズ・リサーチ(Operations Research)」で、その理論式を構築しています。


しかし、ごくたまに、その確率から外れることがあります。

いわゆる「オーバーブッキング」です。キャンセルが想定よりも少なく、飛行機のエコノミー定員以上に、実際のお客さんが来てしまった、というようなことが起こります。

電車であれば、座席に座らずに、立ち乗車が出来ますが、飛行機の場合は、そういうわけにもいきません。

 

航空会社としては、座席数や搭乗便の制約条件の中で、最大化を図ろうとします。つまり、なるべく空席を埋めて、搭乗希望のお客さんを乗せる、ということです。

その一つが、この「インボラ」です。エコノミークラスのお客様を、ビジネスクラスに移動させたりして、なるべく多くのお客さんが搭乗できるようにするわけです。

 

 

「フレックストラベラー制度」や「振り替えボランティア」

最悪、それでも、座席がいっぱいの時は、次の便や翌日の便への振り替え協力を募ることになります。

「フレックストラベラー制度」「振り替えボランティア」というものです。たまに、空港で、協力者を募っていたりします。協力すると、協力金やマイル、宿泊費などがいただけたりします。

 

 

「インボラ」の条件

さて、この「インボラ」には、都市伝説のような「インボラ」されやすくなるための条件というのがあったりします。

 

ざっと噂的な条件を列挙すると、

  • 上級ステータス会員の方が有利
  • 非常口席を予約指定しておく
  • エコノミークラス、中央最前列の席を予約しておく:乳幼児連れのお客さんが使いたいから
  • 搭乗日がお誕生日などの記念日フライト
  • 事前にWebチェックインすると、席が確定してしまうので、当日空港でチェックインする
  • 二人連れより、一人客の方が有利
  • 搭乗日当日、身なり・格好が小綺麗でないとダメ
  • ある路線は、インボラの発生率が高い

 

いくつかは本当のこともあるし、明らかに都市伝説なものもあります。

この中で、「上級ステータス会員の方が有利」というのは、本当です。インボラの際、座席変更対象者の順位としては、「上級ステータス会員」の上位ステータス者から割り当てていきます。

なお、昔は、アッパークラスの座席が空いていて、上級ステータス会員ならば、無条件に、そのアッパークラスの座席にアップグレード、などということもあったそうです。

わたくしが、今使っている日系航空会社は、そういうことはないです。海外の航空会社によっては、今もあるそうで、羨ましい限りです。

 

 

「インボラ」のタイミング

「インボラ」が確定するタイミングというのも、いくつかあります。

  • Webでの事前チェックイン時
  • 当日のカウンターでのチェックイン時
  • 空港ラウンジでの呼び出し
  • 搭乗口の搭乗券チェック時

など。

 

わたくしの場合、何度かインボラの経験があり、「空港ラウンジでの呼び出し」が、ほとんです。

 

空港ラウンジにいると、「XXXさま、お近くのラウンジスタッフにお声がけください」というような、自分の名前がアナウンスで呼ばれます。

「なんだろう?」と思って、スタッフに聞くと、

「本日の機内が満席でして、新しい座席を用意させていただきたいのですが、よろしいでしょうか」

というようなことを聞かれます。

そして、ビジネスクラスの「C」マーク入りの搭乗券をいただくことになります。

 

他の人の話を聞くと、「搭乗口の搭乗券チェック時」という人もいます。

搭乗時に、搭乗券をバーコードリーダーなどに通して、改札するわけですが、インボラ時は、「エラー」音のようなものが鳴り、そこで止められます。そのとき、一瞬ビビる、そうです。スタッッフが来て、新しい搭乗券を持ってきて、初めて「インボラ」だと気づくそうです。

 

 

「インボラ」を断ったらどうなる?

このとき、「インボラ」の申し出を断ったら、どうなるのでしょうか。

航空会社スタッフ
「新しい座席を用意させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

 

乗客
「せっかくのお申し出ありがたいのですが、今回は遠慮させていただきます。」

 

という感じです。

たとえば、飛行機の外を見るのが好きな人で、インボラされて、エコノミークラスからビジネスクラスになるけど、座席は真ん中で、外が見えない席だったら。断る可能性もあります。

今までの経験上、そのお申し出を伝えていただいた時には、すでに、新しい搭乗券を用意されていることが多く、航空会社の方も、インボラを受理するだろうと思っているのだと思います。

「インボラ」を断ったら、どうなるのか。未知な世界です。

 

 

機内食の「特別食」に注意

ビジネスクラスとなると、機内食始め、機内サービスが、レベルアップされます。

このとき、注意したいのは、エコノミークラス搭乗の際、「特別食」を手配されてしまった場合、ビジネスクラスへのインボラ後にも、その「特別食」が供されるそうです。

ビジネスクラスで、エコノミークラスの食器で食事というのは、なんだが不思議な光景です。

 

 

「インボラ」を高確率でゲットする方法

ところで、今回の表題の「エコミークラスからビジネスクラスにアップグレードされる、「インボラ」を高確率でゲットする方法について」。

結論から言えば、そういう方法は「ない」と思います。

「インボラ」は狙うのではなく、神様が降りてくるものです。くじ引きの「大吉」を引くように、待ち構えるしかありません。

 

「インボラ」が伝えられると、思わず「JALの神様、ありがとう!」と心の中で叫んでしまいます。

 

 

Have a good flight! ✈

 

 

「インボラ」関連の記事

 ちゃんとした食器で供されるビジネスクラスの機内食。「インボラ」でアップグレードされたら、空の上の体験を享受したいものです。

www.flight-mile.info

 

「インボラ」でビジネスクラスに搭乗できたら、ビジネスクラス・ファーストクラス限定のアイテムを機内販売でゲットしましょう。 

www.flight-mile.info

 

 



Copyright © 2017 空飛ぶ弁当人 All Rights Reserved.