めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


2018年の搭乗計画:今年はFOP単価を重視してみたい

 

2018年の搭乗計画をプランニング中。

 

2018年の搭乗計画:今年はFOP単価を重視してみたい

 

 

2018年が始まり、すっかり4月です。

航空会社の上級ステータスになるための、搭乗実績作りが始まっています。

 

 

「サファイア」ステータスよりも上を目指す場合

日本航空・JALの場合ですと、一度「サファイア」ステータスを満たす搭乗実績を獲得し、JGC(JALグローバルクラブ)会員になっている限り、年間の搭乗実績がゼロでも、「サファイア」ステータス並みの待遇サービスは維持され、ラウンジなどが使えます。

 

「サファイア」ステータスを達成して「JALグローバルクラブ」に入会
会員である限り(り年間費を払っている限り)、「サファイア」ステータスを永久保有できる

 

しかし、それ以上のステータス待遇、たとえば「ファーストクラスラウンジ」や「ボーナス特典」などを求めるならば、「JGCプレミア」や「ダイヤモンド」ステータスに必要な搭乗実績を毎年達成しなければいけません。

 

 「JGCプレミア」や「ダイヤモンド」ステータスに必要な搭乗実績

  • JGCプレミア
    →80回以上の搭乗回数
    →または 80,000FOPの搭乗ポイント

  • ダイヤモンド
    →100回以上の搭乗回数
    →または 100,000FOPの搭乗ポイント

*FOPは「FLY ON ポイント」の略で、日本航空・JAL独自の搭乗実績の評価ポイントです。詳しくは、下の記事をごらんください。

 

「距離派」でマイル修行を行う場合
日本航空・JALでの搭乗実績の評価ポイント「FLY ON ポイント」という仕組みについて

 

 

2017年は11万FOPを獲得

私は、昨年2017年の搭乗実績は、

  • 搭乗回数 : 48回
  • 獲得FOP : 11万FOP

でした。

 FOPの搭乗ポイントが100,000ポイントを超え、3回目の「ダイヤモンド」となりました。

 

今年もFOPの搭乗ポイントでの搭乗実績を狙いたいと思います。

 

 

今年の目標:FOP単価を下げてみる

また、昨年2017年では、

  • FOP単価 : 11.9円/FOP

という状態でした。

今年は、このFOP単価を効率的にしようかと考えています。

 

 

FOP単価を効率的にする方法

FOP単価を効率化するには、

  • ヨーロッパ・アメリカ路線は乗らない:FOP単価が20以上
  • 国内線:先得/ウルトラ割は使わない:ボーナスFOPがつかない

といった注意点があります。

 

 

国際線は定番の「シンガポール」がFOP単価が優れている

国際線は、やはり定番の「シンガポール」が、FOP単価がよいです。

Economy Saver(行き:予約クラス V 帰り:予約クラス V)の運賃ならば、12.49円/FOPとなっています。

 

世界主要地へのFLY ON ポイントのマイル単価(2018年11月)
飛行距離での飛行機での搭乗実績を、なるべく効率的に稼ぎたいときに、ご参考ください。(日本航空・JAL利用者向け)

 

しかし、海外旅行需要の急増なのか、国際線の運賃はここ数年あがっています。

私が、マイル修行を始めた2014年に、羽田=シンガポールの飛行機が空席だらけだったのが、ウソのようです。さらに、サーチャージの復活・高騰も。

国際線のFOP単価が上がる状況になっています。

 

 

国内線を調べてみると、ある条件を満たすと、FOP5ぐらいになる路線を見つけました。

それらを使うと、2018年は、国際線や国内線をいろいろのっても8円/FOPぐらいになり、100,000FOPの搭乗実績の達成に必要な費用は80万円ぐらいになります。

 

試してみて、またご報告いたします。

 

 

Have a good flight! ✈



Copyright © 2016-2018 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[関連サイト]
旅ノート | 落書きノート | トラベルPhoto | 趣味の飛行機 | 経営日記