めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


ビジネスクラスの機内食にステーキを選ぶかどうか

国際線の機内食でのステーキ問題。

飛行機の中で暇だったので、ちょっと考えてみました。

 

ビジネスクラスの機内食にステーキを選ぶかどうか

 

 

3年ぐらい前にも、「機内食」について投稿したことがあります。

 

機内食について思うことなど
機内食について思うことなどを書き出してみました。

 

 

ビジネスクラスにインボラやアップグレード等で乗り始めたときは、機内食で「ステーキ」を選ぶことがほとんどでした。

そのときは、まだビジネスクラスに乗り慣れていなくて、なんとなくステーキが良さそうに感じていました。

しかし、ここ1-2年は、「ステーキ」ではなく、それ以外の「鶏肉」や「魚」、あるいは洋食ではなく「和食」を選んでいます。

 

なぜ、そうなったのかを考えてみると、こんな理由かなと自分なりに分析してみました。

  • 機内で「白ワイン」を飲むことが多いこと

    もちろん、赤ワインも選ぶことができますが、上空では、気圧の関係なのか、赤ワインの空気の触れ合いが弱く、ちょっと物足りなさを感じてしまい、ここしばらくは「白ワイン」になってしまいました。地上で飲めるならば、美味しい赤ワインだとは思います。ステーキに白ワインでも問題ないのですが、白ワインにはやはり白身系や和食を選んでしまいます。

  • 「和食」は機内での食事の時間を長く楽しめる

    日本航空・JALのビジネスクラスの和食の場合、松花堂弁当のような形で、料理が何品も盛り付けられて供され、また冷めても料理の味が変わらない和食の特性で、食べながら呑みながら、長く食事時間を楽しむことができます。

  • お肉では重たいことが多い

    メインの食事の後に、アラカルトメニューでの食事ができるビジネスクラスの場合、「ステーキ」でお肉を食べてしまうと、けっこうお腹一杯になって、そのあとのアラカルトメニューを食べれないことが多いです。メインの食事を軽めにするため、ステーキではなく「鶏肉」や「魚」などは、ちょうどよい感じです。そういう意味では「和食」も、メインの台の物によっては、重たいと感じることがあります。

  • パサパサ肉よりも「鶏肉」や「魚」の方がジューシーで美味しい

    何度か、ビジネスクラスのステーキを食べたことがありますが、パサパサしていることが多いです。最初は、たまたまなのだろうと思っていましたが、だいたいいつもパサパサ。考えてみれば、機内で供されるステーキは、当然のことながら、機内で焼くことはできず、地上である程度焼いてから、供されるときに温めし直されます。地上でちょうどよい焼き加減にするとは、ちょっと勝手が違ってくるのでしょう。それと比べると、「鶏肉」や「魚」はジューシーなことが多く、意外と美味しいです。(航空会社によって違うかもしれません。)

 

などなど、いろいろと書きましたが、通常のクラスと比べれば、こんなことは贅沢な悩みですし、機内食を用意されるのに、乗務員さんやスタッフの方々が関わっていらっしゃいます。感謝しながら、有り難くいただきます。

 

 

Have a good flight! ✈



Copyright © 2016-2019 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note | My Fav Songs