めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


世界主要地へのFLY ON ポイントのマイル単価(2019年11月-搭乗基準)

世界主要地のFLY ON ポイント単価を試算しました。飛行距離での飛行機での搭乗実績を、なるべく効率的に稼ぎたいときに、ご参考ください。(日本航空・JAL利用者向け)

 

世界主要地へのFLY ON ポイントのマイル単価(2019年11月)
空の値段の比較

 

 

マイル(またはFLY ON ポイント)の世界主要地への「単価」を調査してみました。
(2019年11月搭乗分) ※注意:これはJALで搭乗した場合の内容です。

 

 

算定条件

今回の試算では、以下の条件でおこなっています。なお、日程や運賃によっては、ここに掲示している内容と違う場合がありますので、ご注意ください。

  1. 2019年10月時点の運賃・税金等
  2. 出発地:東京(羽田・成田がある場合、割安の出発地を選択)
  3. 旅行期間:2019年11月11日発 〜 2019年11月18日帰
    (当該日程で設定便がない場合は、近い日での内容)
    従前の2018年の試算条件の日程と合わせました
  4. 搭乗クラス:エコノミークラス
  5. 運賃:Economy Saverを基本とします。ない場合は、それに相当する運賃を利用。マイル積算率50%以上の運賃を選択。費用は往復での金額。記載の区間マイル・FLY ON ポイントは往復でのもの
  6. 原則、JAL直航便。コードシェアなどはJAL便名で搭乗できるものも対象。
  7. FLY ON ポイント(FOP)の計算方法:運賃に応じたフライトマイルで計算。運賃に応じて、最大400ポイントのFLY ON ポイントプレゼントキャンペーンを適用。
    ※注意 時期・キャンペーンによっては、料金や獲得マイルが変ります。

 

なお、数値などに計算間違いがあるかもしれません。お気付きの際は、ご連絡ください。

 

ヨーロッパ・ロシア方面

路線によって、2018年と比べて、値上がりしているところもあれば、下がっているところもあります。

というよりも、JAL国際線の検索システムが、従来と比べて、コードシェアなどでよりリーズナブルなものを表示するようになったように感じます。とくにヨーロッパはいろいろな航空会社があり、行きと帰りで、全然違う運航会社での旅程が出てきたりします。下がっているのは、そういう効果かなと思います。

JAL運行の直行便は、運賃を値上げしている路線が多いように思います。

 

行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
ロンドン 12,428マイル
7,014FOP
137,380円
(95,000円,42,380円)
11円/マイル
20円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
マドリード 13,590マイル
7,596FOP
144,230円
(105,000円,39,230円)
11円/マイル
19円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス V)
フランクフルト 11,856マイル
6,728FOP
125,390円
(90,000円,35,390円)
11円/マイル
19円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
ヘルシンキ 10,458マイル
6,030FOP
143,040円
(116,000円,27,040円)
14円/マイル
24円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス L、帰り:予約クラス S)
パリ 12,388マイル
6,994FOP
141,600円
(110,000円,31,600円)
11円/マイル
20円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス V、帰り:予約クラス S)
モスクワ 9,328マイル
5,464FOP
98,410円
(70,000円,28,410円)
11円/マイル
18円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
ハバロフスク 1,840マイル
2,640FOP
78,940円
(72,000円,6,940円)
43円/マイル
30円/FOP
Economy Standard (行き:予約クラスB、帰り:予約クラスB)
ウラジオストク 1,380マイル
2,180FOP
82,300円
(76,000円,6,300円)
60円/マイル
38円/FOP
Economy Standard (行き:予約クラスB、帰り:予約クラスB)
ヨーロッパ・ロシア方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

北アメリカ方面

北アメリカ方面の運賃は、昨年2018年と比べると、全般的に1-2万円ほど価格が上がっています。

たとえば、東京=ニューヨークで見てみると、

  • 2016年:136,230円(運賃126,000円、税等10,230円)
  • 2018年:169,160円(運賃138,800円、税等31,160円)
  • 2019年:175,230円(運賃143,000円、税等32,230円)

燃油サーチャージはほぼ変わらずなので、運賃が上がっています。

 

行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
ニューヨーク 13,474マイル
7,524FOP
175,230円
(143,000円,32,230円)
13円/マイル
23円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
シカゴ 12,566マイル
7,084FOP
173,840円
(141,000円,32,840円)
14円/マイル
25円/FOP
行き:Economy Standard 予約クラス S、帰り:Economy Saver 予約クラス S
ボストン 13,400マイル
7,500FOP
176,230円
(144,000円,32,230円)
13円/マイル
23円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
ロサンゼルス 10,916マイル
6,258FOP
154,230円
(122,000円,32,230円)
14円/マイル
25円/FOP
行き:Economy Standard 予約クラス S、帰り:Economy Saver 予約クラス S
サンディエゴ 11,108マイル
6,354FOP
163,230円
(131,000円,32,230円)
15円/マイル
26円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
サンフランシスコ 10,260マイル
5,930FOP
163,840円
(131,000円,32,840円)
16円/マイル
28円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
ダラス・フォートワース 12,872マイル
7,236FOP
187,230円
(155,000円,32,230円)
15円/マイル
26円/FOP
行き:Economy Standard 予約クラス S、帰り:Economy Saver 予約クラス S
バンクーバー 9,362マイル
5,482FOP
151,530円
(123,000円,28,530円)
16円/マイル
28円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
北アメリカ方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

 

オセアニア方面

とくに大きく値上げしているエリア。

東京=シドニーを見ると、

  • 2016年:  96,880円(運賃84,000円、税等12,880円)
  • 2018年:103,690円(運賃69,000円、税等34,690円)
  • 2019年:132,330円(運賃98,000円、税等34,330円)

順調に値段が上がっています。

 

行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
シドニー 9,726マイル
8,094FOP
132,330円
(98,000円,34,330円)
14円/マイル
16円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス V、帰り:予約クラス V)
メルボルン 10,182マイル
8,436FOP
105,070円
(72,000円,33,070円)
10円/マイル
12円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
オセアニア方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

タヒチ方面

パペーテ(タヒチ)路線、2018年は設定無しだったのが、運航会社 Air Tahiti Nuiで復活しました。一度に10,000FOP以上を獲得できる点が魅力的です。

 

行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
パペーテ(タヒチ) 11,764マイル
13,154FOP
178,880円
(150,000円,28,880円)
15円/マイル
14円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラスM 帰り:予約クラスM)
タヒチ方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

中東方面

中東方面は、エミレーツやカタール航空とのコードシェア。前年と比べて、あまり変わらず、安定している価格のエリアです。

 

行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
ドバイ 9,914マイル
7,740FOP
138,920円
(110,000円,28,920円)
14円/マイル
18円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラスM、帰り:予約クラスM)
ドーハ 10,292マイル
8,006FOP
157,970円
(130,000円,27,970円)
15円/マイル
20円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラスM、帰り:予約クラスM)
中東方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

インド方面

インド方面は、FLY ON ポイントの係数が1.5となっていて、ポイントを稼ぎやすいエリアです。

 しかし、JAL直行便のあるデリー路線の値上がりが痛いです。係数1.5エリアにもかかわらず、FOP単価25円を超えてしまい、北米路線よりも悪い単価となりました。

  • 2018年:129,750円(運賃114,000円、税等15,750円)
  • 2019年:163,170円(運賃146,000円、税等17,170円)
行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
コロンボ(スリランカ) 8,532マイル
7,200FOP
117,690円
(96,000円,21,690円)
14円/マイル
16円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
デリー 7,312マイル
7,381FOP
163,170円
(146,000円,17,170円)
22円/マイル
26円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラスM、帰り:予約クラスV)
インド方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

ハワイ・グアム・パラオ方面

ホノルル線の費用は、過去の同じ日程と比べると、

  • 2016年:145,230円(運賃135,000円、税等10,230円)
  • 2018年:  97,160円(運賃75,000円、税等22,160円)
  • 2019年:103,230円(運賃80,000円、税等23,230円)

というように変動しています。

ハワイは、日本の航空会社が力を入れているエリアで、2018年は全日空などのライバル路線に対抗して、競争力のある価格で挑み、その後徐々に収益を取りに行く戦略でしょうか。

 

行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
ホノルル 7,662マイル
4,632FOP
103,230円
(80,000円,23,230円)
13円/マイル
22円/FOP
Economy Standard(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス V)
コナ 7,992マイル
4,796FOP
128,230円
(105,000円,23,230円)
16円/マイル
27円/FOP
Economy Standard(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
グアム 3,122マイル
2,362FOP
78,020円
(65,000円,13,020円)
25円/マイル
33円/FOP
Economy Saver (行き:予約クラス S、帰り:予約クラス K)
ハワイ・グアム・パラオ方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

東南アジア方面

この方面の路線は、価格が上がっているところもあれば、下がっているところもあり、マチマチな状況です。昔、シンガポール路線は、FOP単価8-9円台で飛べていた時代が懐かしいです。

 

行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
シンガポール 6,624マイル
5,768FOP
82,720円
(65,500円,17,220円)
12円/マイル
14円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス V、帰り:予約クラス V)
クアラルンプール 6,676マイル
5,808FOP
86,710円
(71,000円,15,710円)
13円/マイル
15円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス L、帰り:予約クラス S)
ジャカルタ 7,224マイル
6,218FOP
78,030円
(60,000円,18,030円)
11円/マイル
13円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
マニラ 3,760マイル
3,620FOP
63,420円
(52,000円,11,420円)
17円/マイル
18円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
ハノイ 4,594マイル
4,242FOP
63,200円
(50,000円,13,200円)
14円/マイル
15円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
ホーチミン 5,412マイル
4,860FOP
68,610円
(56,000円,12,610円)
13円/マイル
14円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス V、帰り:予約クラス S)
コタキナバル 5,118マイル
4,640FOP
93,710円
(78,000円,15,710円)
18円/マイル
20円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
バンコク 5,738マイル
5,104FOP
79,100円
(63,000円,16,100円)
14円/マイル
15円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス V)
東南アジア方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

中国方面

騒動が起こっている香港は欠航リスクがあるから、安くなっているかと思ったら、そうでもありませんでした。しかし、他の中国都市と比べれば、価格は低いです。香港以外の都市は、何か価格規制もあるのでしょうか。

 

行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
大連 2,084マイル
2,364FOP
75,650円
(65,000円,10,650円)
36円/マイル
32円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス V、帰り:予約クラス S)
香港 3,646マイル
3,534FOP
57,280円
(45,000円,12,280円)
16円/マイル
16円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
上海 2,222マイル
2,800FOP
88,650円
(78,000円,10,650円)
40円/マイル
36円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラスM、帰り:予約クラスS)
北京 2,626マイル
2,770FOP
70,600円
(60,000円,10,600円)
27円/マイル
25円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
広州 3,644マイル
3,534FOP
78,600円
(68,000円,10,600円)
22円/マイル
22円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス L、帰り:予約クラス S)
中国方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

韓国・台湾方面

台湾方面が、2018年と比べると、価格が下がっています。

 

行き先
(主要地)
区間マイル
獲得FOP
費用
(運賃額・税等)
区間マイル単価
FOP単価
備考
ソウル 1,516マイル
1,938FOP
40,780円
(33,000円,7,780円)
27円/マイル
21円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス V、帰り:予約クラス V)
釜山 1,236マイル
1,728FOP
35,370円
(28,000円,7,370円)
29円/マイル
20円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
台北 2,660マイル
2,796FOP
48,040円
(37,000円,11,040円)
18円/マイル
17円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラス S、帰り:予約クラス S)
高雄 2,982マイル
3,484FOP
68,040円
(57,000円,11,040円)
23円/マイル
20円/FOP
Economy Saver(行き:予約クラスM、帰り:予約クラスV)
韓国・台湾方面のFLY ON ポイントのマイル単価

 

 

FLY ON ポイント単価のランキング2019

今回のFLY ON ポイント単価の結果から、ベスト3位とワースト3位をあげると、以下のようになります。

 

FLY ON ポイント単価ベスト路線

  1. 東京=メルボルン:12.45円/FLY ON ポイント
  2. 東京=ジャカルタ:12.54円/FLY ON ポイント
  3. 東京=パペーテ(タヒチ):13.59円/FLY ON ポイント

 

FLY ON ポイント単価ワースト路線 

  1. 東京=ウラジオストク:37.75円/FLY ON ポイント
  2. 東京=上海:35.94円/FLY ON ポイント
  3. 東京=グアム:33.03円/FLY ON ポイント

 

 

FLY ON ポイント単価は悪化傾向

FLY ON ポイント単価の悪化は、引き続き続いている感があります。

燃油サーチャージは昨年と比べて大きな変更はないので、運賃が上がっているのが大きな要因です。

航空会社には、ギリギリの収支でサービス品質や安全面を低下されるよりも、適度な利益をとっていただき、経営の安定化になって欲しいとは思いますが、利用者側としてはコスパの良さを求めてしまう。

なんとも悩ましいです。

 

 

  

参考:過去のFLY ON ポイント単価表

 

 

 

Have a good flight! ✈

 

 

 

 

 



Copyright © 2016-2019 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note | My Fav Songs