めざせマイルの達人

JALステータス会員の修行方法、飛行機/空旅の時事話題について


「搭乗回数」「飛行距離」どちらで修行するか

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】



上級会員・ステータス会員への達成方法は2種類。「距離」で修行するか、「回数」で修行するか。自分にぴったりな方法を選びましょう。

 

https://www.instagram.com/p/BE-hCNtsxO2yQRVmd7pJYSO643iQJR7O9uK8kM0/

 

ここでは、日本航空・JALでの方法について紹介していきます。

 

日本航空・JALでのステイタス

前回、日本航空・JALの上級会員・ステータス会員の種類と達成条件をご紹介しました。

 

  1月から12月までの年間での達成条件
JMBクリスタル
JMBクリスタル
30,000FLY ONポイント / 30回の搭乗
JMBサファイア
JMBサファイア
50,000FLY ONポイント / 50回の搭乗
JMBダイヤモンド
JMBダイヤモンド
100,000FLY ONポイント / 100回の搭乗

 

各ステータスには達成条件が定められていて、その条件を
・「搭乗回数」で達成するか
・「距離」=「FLY ONポイント」(以下「FOP」)で達成するか
という2つの方法があります。

 

搭乗回数50回、100回と書かれていると、今までの累計のような感じもしますが、いずれも1月から12月までの一年間で達成する数値となります。

前にも書きましたが、搭乗回数年間100回というのは、100回÷12ヶ月で1ヶ月間で9回の搭乗、つまり、毎週どこかへ往復するぐらい飛行機に乗りつづけて達成できる回数です。

翌年になると、ステータス判定の搭乗実績は、すべてクリアされ、0からのスタートとなります。

 

「搭乗回数」での達成方法

「搭乗回数」は、文字通り、飛行機に乗った回数です。

日本航空・JALの「サファイア」ステータスであれば、50回乗る必要があります。

 

わたくしが「マイル修行」の存在を知るきっかけとなった、ガイドブックで見かけた「マイル修行」の定番コースという「沖縄の那覇・石垣間の飛行ルート」。そのルートが、この「搭乗回数」でよく使われるコースだったのです。

 

その飛行ルートが、片道約6,000円なので、

6,000円×50回で約30万円

30万円ほどの投資で、「サファイア」達成という計算でした。

 

当初、そのルートの存在が頭にあったので、「マイル修行」は、この区間を飛行機でひたすら乗ってればいいかな、と思い、一日8区間を搭乗したりとか、そういう姿をイメージしていました。

しかし、よく調べて見ると、この方法、かなり時間と手間がかかります。

そして、この「搭乗回数」でマイル修行を実践している人のブログなどを見ると、飛行機にただ乗っているだけなのですが、それでも疲労度がじわじわとでてきて、ツラそうです。まさに「修行」という言葉がふさわしいのかもしれません。

 

とはいうものの、この「搭乗回数」のいいところは、週末の土曜日だけとか、一日単位で予定が組めるので、スケジュール調整がしやすいと言えます。

 

後述する「FLY ONポイント」でのマイル修行ですと、海外に出ていく必要があるため、特に定番コースの沖縄経由シンガポール行き(通称「OKA-SIN」)のコースは、最低3日間はかかってしまいます。

 

 

「FLY ONポイント」での達成方法

この「FOP」というのは、飛行距離によって算出される、日本航空・JAL独自の評点です。

 

単純な搭乗マイルではなく、いろいろな加算キャンペーンやボーナス適用がされます。
そのロジックが、方面・航空運賃・予約方法などにより、いろいろと変わるので、綿密なプランニングが必要となります。

 

現在、2016年ですと、FLY ON ポイントの計算方法は、

国内線
積算マイル×2倍+400*

国際線
・JAL便の日本発着 中国・香港・アジア・オセアニア線
積算マイル×1.5倍+400*

・上記以外の国際線
積算マイル×1.0倍+400*

というように計算されます。

*2016年現在、最大400ポイントのボーナスポイントキャンペーンが適用されています。利用する航空運賃により、0から400ポイントのボーナスが加算されます。

 

 

ファーストクラスで修行してみる?


東京-オーストラリア・シドニーをファーストクラス運賃で搭乗したとすると、積算される「FLY ONポイント」は、

 

(計算式)
片道で、7,295マイル×1.5+400 = 11,342 FLY ON ポイント
往復で、22,684 FLY ON ポイント。

東京-オーストラリア・シドニーをファーストクラス運賃
往復で22,684 FLY ON ポイント

区間マイル:4,863マイル ですが、
ファーストクラスの場合、区間マイルの150%が積算マイルとなります。

 

一方、
ファーストクラスではなく、よくある旅行パックツアーで、エコノミークラスで、東京-オーストラリア・シドニーの同区間を乗ったとすると、積算される「FLY ONポイント」は、


(計算式)
片道で、1,459マイル×1.5+0 = 2,188 FLY ON ポイント
往復で、4,376 FLY ON ポイント。

東京-オーストラリア・シドニーを旅行パックツアー
往復で4,376 FLY ON ポイント

旅行パックなどで使われる航空券の場合、区間マイルの30%が積算マイルとなります。

 

ファーストクラスが約2万FOP、団体旅行のエコノミークラスが約4千FOP。約5倍もの差があります。 

この例のように、同じ区間に搭乗しても、利用する搭乗クラス・航空運賃によって、得られる「FLY ONポイント」に、大きな差が生じるので、綿密な計画が必要です。

 

 

「サファイア」達成に300万円が必要?

日本航空・JALの「サファイア」ステータスの達成条件である、50,000FOPには、
・ファーストクラスの場合 2.5回往復
・エコノミークラスの場合 12回往復
ということが必要になります。

 

ちなみに、東京-オーストラリア・シドニー区間のファーストクラス運賃は往復で、
140万円+税金・燃油特別付加運賃等
です。


ファーストクラスで2.5回往復するとなると、
350万円+税金・燃油特別付加運賃等
で「サファイア」ステータスを達成となります。

 

一方、エコノミークラスの旅行パックツアーも、1ツアー30万円ぐらいだとすれば、
12往復で360万円です。

 

どちらも、総額は変わらないということになります。

 

「サファイア」ステータスの達成に

ファーストクラスの場合 2.5回搭乗して350万円

エコミニークラスの場合 12回搭乗して360万円

 

 

「搭乗回数」「FOP」どちらを狙うのか

「搭乗回数」「FOP」それぞれ一長一短があります。
それぞれの具体的な達成方法については、今度ご紹介します。

 

 

Have a good flight! ✈

 

 

ステータスのため「搭乗実績」関連の記事

 「搭乗回数」「飛行距離」どちらでステータス達成を目指すにしても、「搭乗実績」がゼロにならないように注意しましょう。

www.flight-mile.info

 

「搭乗回数」で修行される場合、 この記事の続きに読まれると良いと思います。

www.flight-mile.info

 

 

「距離」で修行される場合、 この記事の続きに読まれると良いと思います。

日本航空・JALの「距離」で修行する場合の「FLY ON ポイント」には、投資費用を最小にし、効率的に修行する方法があります。わたし自身も、約40万円ほどの費用で、上級会員・ステータス会員となりました。この方法についてはご紹介します。

www.flight-mile.info

 

「距離」で修行する場合、「マイル単価」を計算すると、費用対効果を高めることができます。 

www.flight-mile.info

 

 「距離」で修行する場合、ときどき航空会社のキャンペーンをチェックしましょう。「FLY ON ポイント 2倍キャンペーン」とかが、こっそりと行われていたりします。

www.flight-mile.info

 

 



Copyright © 2016-2017 めざせマイルの達人 All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村